スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学五年生 重松清

2008–01–11 (Fri) 21:17
小学五年生小学五年生
(2007/03)
重松 清

商品詳細を見る
少年は、小学五年生だった――。転校、近しい人との死別、ほのかな恋心、淡い性への目覚め・・・。中学生ほどは大人に振舞えないけれど、もう無邪気なだけの小学生ではいられない。そんな小学五年生の少年達を描いた17の短編集。

「葉桜」「おとうと」「友だちの友だち」「カンダさん」「雨やどり」「もこちん」「南小、フォーエバー」「プラネタリウム」「ケンタのたそがれ」「バスに乗って」「ライギョ」「すねぼんさん」「川湯にて」「おこた」「正」「どきどき」「タオル」の17編。

一話一話がすごく短くてさらさらーっと読めます。
うーん、やっぱりモヤモヤします。息苦しいかんじ。
よく豊島ミホ作品の感想にも「苦しい」て連発してますけど、それとは違う苦しさ。
なんていうか、やりきれないっていうどうしようもない感じですね。
豊島作品は自分の中のウジウジした暗さにまいるんですけど、この作品は外からの色んな辛さに辟易してしまう、擦り切れる感じの苦しさというか。
最近ちょっと合わないかなぁ~と思い始めています(~_~;)
「その日のまえに」は好きなんだけどなぁー。

「小学生にしては大人びてない?」って貸してくれた叔父は言っていたんですが、私は結構小学生だと思います。
ただ地の文が硬くて、小学生の語りっぽくないのが原因かなと思うのですが・・・。
考えていることは小学五年生って感じかなって。

小学生だったころを思い返してみて思うんですが、小学生ってすごい狭いコミュニティで生活していて、自分のクラスが世界の中心なんですよね。
だからやっぱ転校とかはほんとに一大事でした。
逆に離れて暮らす祖父を亡くしたときとかはほとんど実感わきませんでしたし・・・。
「転校」と「死別」の比重がほとんど同じなんです。
もちろん、頭の中ではどっちが重大なことなのかっていうのはわかっているんですが。
そこらへんの感じはなんか上手いなーって思いました。

テーマひとつひとつはすごい重要な問題なんですけど、その問題に対してほとんど踏み込んでない。
とても客観的に語っている印象を受けました。
だからすごい苦しいんですけど、説教くさくはない。
それが合わないかなぁと思いつつも最後まで読めた理由かなと思いました。

読了日:2007/12/21
スポンサーサイト

« ぽろぽろドール 豊島ミホ | TOP |  吉原手引草 松井今朝子 »

コメント

こんにちは。
17編、いろんなお話で飽きずに楽しめました。
少年たちの暮らしを短くあっさり描いていましたね。
切ない気持ちがよく伝わってきました。

私のトラックバック・リンク先のjuneさんと
お話できて良かったですね。

重松さんは「くちぶえ番町」がおすすめです。
よろしかったら。

こちらの記事と
「カシオペアの丘で」に
トラックバックさせていただきました。

藍色さん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

あのあっさりさはなかなか絶妙だと思います。
説教くさくならず、せつなさだけを残している感じで。
その切なさはなんとなく私には合わないようなんですが・・・(-_-;)

藍色さんのところに行くと新たな出会いがたくさんあって、ほんとにありがたいです☆
いつもいつもお世話になってます。ありがとうございます!

「くちぶえ番町」・・・名前だけは聞いたことあります。読む本リストに追加しておきます!
おすすめありがとうございます☆

そしてTBありがとうございます。
こちらからも伺いますね~♪

爽さん、こんにちわ。
確かに踏み込んでないから最後まで読めた気がします。
これ以上踏み込まれたら辛すぎるし、泣かせに走られるのも嫌だし・・。
さらっと巧すぎると思ったんですが、これが絶妙なバランスなのかも。

ところで、私は豊島さんの苦しさとか痛さって、結構好きだったりします。小学生女子の世界を描いた「夜の朝顔」の痛さにやられました。

juneさん、こんにちは!

重松さんの書く世界はあまりにもリアルで、小説の中って感じだと切り離せないところが多いんですよね~。
あの距離感があるからこそ、なんとか小説として見れたなーって感じがします。

あ、私も豊島ミホは好きです!
あの内面的にまいる感じ、痛い感じは妙に穏やかになれるというか…。
「夜の朝顔」、いいですよね~。
「檸檬のころ」と並んで、豊島作品の中ではかなり上のほうにランキングされてます☆

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「小学五年生 重松清」

イラストレーションは唐人原教久。ブックデザインは鈴木成一デザイン室。 「オール讀物」2004年10月号~2006年9月号まで不定期掲載。17の掌編集。 中表紙と目次の間の一文は、“少年は、小学五年生だった。”。  …

「「小学五年生」重松清」

小学五年生 うちの子供たちが今まさに小学5年生なので、タイトルを見た時から気になっていました。でも、重松さんだし、5年生の子供が死とか別れとか、辛い状況に追い込まれて泣いてしまうような話だったらどうしよう・・と、読むのがちょっと怖くもあったんです。 ...  …

トラックバックURL

http://littlebylittle13.blog103.fc2.com/tb.php/85-d9dde250

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | TOP | 

At first

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

管理人の日々のつぶやきと、読んだ本の感想、趣味で作ったハンドメイド小物について綴っています。
更新速度はマイペースですが、情熱が続く限りは続けていくつもりです。よろしくお願いします。

本の感想記事は予告なくネタバレする場合がありますので、未読の方はご注意ください。

初めての方、詳しいことが知りたい方はこちらからお願いします。

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

New Entry

Category

New comment

New trackback

Profile

爽

Author:爽
大学生
誕生日:8/13
趣味:読書 アクセサリー作り ショッピング
好きな作家:
有川浩 伊坂幸太郎 桜庭一樹 小路幸也 高楼方子 恒川光太郎 豊島ミホ 梨木香歩 三浦しをん 村山由佳 森見登美彦
好きなモノいろいろ:
りんご 甘いもの 王道 FF7 ドラゴンボール 書道 数学 トロンボーンを吹く 整理整頓 aiko 雑貨屋さんめぐり
得意になりたいこと:
料理全般 カラオケ 語学(特に英語!)車の運転(ナビ含む)

Now reading・・・

Now Reading…
『鍵のない夢を見る』(辻村深月)

Etcetera

ランキングとか同盟とか。

・にほんブログ村
本ブログ
ハンドメイドブログ

0813


Counter

Search

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。