スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

檸檬のころ 豊島ミホ

2007–05–13 (Sun) 22:08
檸檬のころ 檸檬のころ
豊島 ミホ (2005/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る

クラスに馴染めなくなった友人、叶わない恋心、空回りする努力。
コンビニの一軒もない、田舎の県立高校を舞台に、そこに関わる人たちの想いが交錯する。
かっこ悪くたっていいじゃないか。それが僕らの青春だ。
胸の奥のほうがきゅんとなる、青春連作短編集。

「タンポポのわたげみたいだね」「金子商店の夏」「ルパンとレモン」「ジュリエット・スター」「ラブソング」「担任家業」「雪の降る町、春に散る花」の7作が収録されています。

これを読んだのが高校2年の時で、まさに本の中の時間とぴったりあってたので、すごく共感できました。特にすきなのは「ルパンとレモン」です。
吹奏楽部の学生指揮者、才色兼備の秋元加代子に片思いする、野球部の西くんの話。彼の、最後のセリフがすごく気に入ってます。

俺はその一勝を、必ず勝ち取ろうと思う。たとえば俺が、九回裏ツーアウトでバッターボックスに立ったなら、そこから逆転させてやるんだ。いっそホームランとか。うん、かっこいい。

ほんとかっこいいよ!(笑)
勝っても、西自身の想いは全然叶わないんです。でも「秋元を泣かせない」ために、彼は試合の勝利を願う。
よくあるっちゃよくある話なんですけどね。豊島さんの文章が放つ独特の空気感みたいなものが、気に入ったのかも。

「タンポポのわたげみたいだね」
女のコの友情って、難しいよね、って話です。
私は女友達との距離のとり方にいつも戸惑うんで、なんか読んでて苦しかったです。いろいろ思い出しちゃって。でも読み終わったあとは前向きになれる話でしたね。

「金子商店の夏」
焦りと虚無感をすごく感じました。
たしかに痛い、です。でも彼は彼自身が変わらないかぎり、何をやっても痛い焦りと虚無感を感じているのではないかと思います。そして、きっとそんなヒトは(自分を含めて)たくさんいるんでしょう。

「ジュリエット・スター」
男女交際禁止寮の中での恋の話。
これは、じっとり纏わりつくような、負の要素がある恋のような気がします。そして何かに酔ってるような、軽い狂気。
なんかちょっと怖かったです。

「ラブ・ソング」
気にも留めてなかった男子に恋に落ちる瞬間。
この話は一番色彩豊かでポップな印象ですね。でも、そのポップさに反して内容はすごく切なくて。読んでて思わずため息をついた気がします。
恵さんの詩を知りたいですねー。

「担任家業」
教師の苦悩の話。
教師っていう仕事はほんとに大変だと思います。同時に私がもっともできない職業です。もちろんすごくやりがいはあるのだろうけど、何百人という人間を相手にして、彼らの将来まで考えなくてはならない、ということが私にはできないです。
だからこの話は、「ああ、やっぱり」って感じでしたね。

「雪の降る町、春に散る花」
ひとりで上京することになった加代子の、故郷との別れ。
電灯の薄明かりのような、くすんだ明かりを感じる作品だった気がします。こう書くとマイナスイメージっぽいですけど、そうじゃなくて、なんとなく寂しくて哀しい、そして幻想的な感じ。
新しい生活に対する期待がまったく書かれていないんです。それがすべてを物語ってる気がします。

この連作短編集のキーワードは「痛み」ですね。
心の中で燻っているような、うずくような、痛み。
本を読んで、切なくなることはあっても、こんな微妙な「痛み」を感じさせてくれるものはありませんでした。
忘れかけていた何かを思い出させてくれる、そんな作品だと思います。

読了:2005/9/2
スポンサーサイト

« ジェネラル・ルージュの凱旋 海堂尊 | TOP |  ひさしぶりのBBQ »

コメント

はじめまして。
こちらの記事にトラバさせていただきました。
高校生のころ、リアルタイムで読まれたのですね。うらやましいです。
痛みを感じながら主人公たちにすごく共感して、地味は地味なりに、かけがえのないものだったなあって思いました。

コメントやトラバ返しなどいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

藍色さん、はじめまして。
コメント&トラバ、ありがとうございます!
この本はホントいい時期に読めたなぁって自分でも思ってます。ほかの豊島さんの本もわりと10代の話が多いみたいなので、早めに読みたいなー、なんて思っています。
やっぱり、すごく共感できますよね!実はあまり共感できないって言う人の話ばかり聞いていたのでちょっと残念だったのですが、こうして仲間がいてくださって嬉しいです(*^_^*)

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「檸檬のころ 豊島ミホ」

イラストレーションは小林愛美。ブックデザインは鈴木成一デザイン室。ある地方の進学校・北高の生徒たちと、北高にまつわる大人たちを描く連作短編集。書き下ろし。タンポポのわたげみたいだね:私・橘ゆみ子と小嶋智=サト  …

トラックバックURL

http://littlebylittle13.blog103.fc2.com/tb.php/8-d577b9fa

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | TOP | 

At first

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

管理人の日々のつぶやきと、読んだ本の感想、趣味で作ったハンドメイド小物について綴っています。
更新速度はマイペースですが、情熱が続く限りは続けていくつもりです。よろしくお願いします。

本の感想記事は予告なくネタバレする場合がありますので、未読の方はご注意ください。

初めての方、詳しいことが知りたい方はこちらからお願いします。

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

New Entry

Category

New comment

New trackback

Profile

爽

Author:爽
大学生
誕生日:8/13
趣味:読書 アクセサリー作り ショッピング
好きな作家:
有川浩 伊坂幸太郎 桜庭一樹 小路幸也 高楼方子 恒川光太郎 豊島ミホ 梨木香歩 三浦しをん 村山由佳 森見登美彦
好きなモノいろいろ:
りんご 甘いもの 王道 FF7 ドラゴンボール 書道 数学 トロンボーンを吹く 整理整頓 aiko 雑貨屋さんめぐり
得意になりたいこと:
料理全般 カラオケ 語学(特に英語!)車の運転(ナビ含む)

Now reading・・・

Now Reading…
『鍵のない夢を見る』(辻村深月)

Etcetera

ランキングとか同盟とか。

・にほんブログ村
本ブログ
ハンドメイドブログ

0813


Counter

Search

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。