スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使命と魂のリミット 東野圭吾

2007–07–30 (Mon) 15:01
使命と魂のリミット 使命と魂のリミット
東野 圭吾 (2006/12/06)
新潮社
この商品の詳細を見る
帝都医大で研修医をしている氷室夕紀。彼女は幼い頃に大動脈瘤という病気で父を亡くしていた。執刀したのは西園という医師だが、彼はこのたび夕紀の母・百合恵と再婚することになった。そのことにより、夕紀は西園が故意に父の手術を失敗したのではないかと疑い始める。一方で、帝都医大の看護師・真瀬望の彼氏・直井穣治は帝都医大に入院するある人物を狙って、ある作戦を画策していた・・・。自分のなすべきことは一体何なのか?自分に与えられた「使命」を全うしようと必死に奔走する人々を描く医療サスペンス。
例によって学校の図書館に無造作に置いてあった人気本です。そのままにしておくのはもったいなさ過ぎる・・・。みんなもっと読めばいいのに!

東野作品はテンポがいいので長くても2日くらいで読めちゃいます。これもあれよあれよという間に残り数ページになってました。

この話のなかのキャラクターはみんなすごいいい人でした。
医者や看護師はとにかく患者を助けようと走り回るし、刑事は犯人確保のために全力を尽くすし。犯人でさえ完全には非難できない感じでしたし。
健介の言った、「人間というのは、その人しか果たせない使命というものを持っている」、ってのがこの小説の柱でしょうから、怠けてる人書くわけにはいかないですよね(笑)

話の流れはスタンダードでした。
思ったところに思ったとおりに着地したので、ちょこっと物足りなさはあったかなぁ。多分これは好みでしょうけど、サスペンスとかなら、私は「容疑者Xの献身」みたいにラストにインパクトのある話が好きなので。

でも最後の手術シーンは圧巻。
電気を絶たれて追い詰められてもなお諦めないその姿勢はほんとに尊敬します。
「能力のある者が、わざとそれを発揮しない、ということはありえない。そんなことはできないのだ。道徳だけの問題ではない。全力を尽くすか、何もしないか、その二つのことしか医師にはできない。」
これは終盤の一部ですけど、すべての医師が本当にこのようにしてくれたら、こっちにとってはそれ以上求めるものはなにもないです。現実には難しいことですけど。

あとは最後の終わり方かなー。
これも好みだと思うんですが、私はちょっとそっけない感じでした。
もうちょっと余韻が残っててもいいかなぁ、とか。
種明かし部分を最後に付け足して切った、って感じがして、それだけちょっと引っかかりました。

読了日:2007/7/27
スポンサーサイト

« 空の中 有川浩 | TOP |  ちょっとお出かけ »

コメント

「能力のある者が、わざとそれを発揮しない、ということはありえない。そんなことはできないのだ。道徳だけの問題ではない。全力を尽くすか、何もしないか、その二つのことしか医師にはできない。」

ってとこは、今でも覚えてるよ。
あたしも、最後の最後に「えー!?そうだったの?あ、だからここがこうで、あれがあんなだったんだー」みたいに、感動?圧巻?驚愕?する作品が好き。
東野さんは、その才能があるのに最近の作品はパンチにかけますよね。今夜の帰りにも話したけどさ。
この「使命と魂のリミット」も最近の低迷期の作品の1つだと思ってる。

東野っ子といいつつ、まだ全作品の半分くらいしか読んでないのだけど90年代中盤から容疑者xまでが好きだな。
最近のは「ダイイングアイ」と「流星の絆」読んだけど、「使命と魂の~」と同じような印象をもった。パンチが効いてない。

んーーー

>KYKY
あの言葉はいいよねー。医師に限らず、みんなそういう気持ちでいてほしいし、自分もそうありたいと思うよ。

だよね~^^
最後の最後で読者を(いい意味で)裏切るあの感じ、すごい好き!伏線がキレイに回収されていくのって読んでて気持ちいいよね♪

東野さん、いっぱい出してはいるんだけどねー、インパクトに欠ける(-_-;)
東野作品そんなに読んでないんだけど、その低迷の感じがわかるもん。
それならいっそ、そんなに定期的に出さなくていいから、何年かこもってすごいの出してほしいな^^

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://littlebylittle13.blog103.fc2.com/tb.php/50-1455ed2d

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | TOP | 

At first

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

管理人の日々のつぶやきと、読んだ本の感想、趣味で作ったハンドメイド小物について綴っています。
更新速度はマイペースですが、情熱が続く限りは続けていくつもりです。よろしくお願いします。

本の感想記事は予告なくネタバレする場合がありますので、未読の方はご注意ください。

初めての方、詳しいことが知りたい方はこちらからお願いします。

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

New Entry

Category

New comment

New trackback

Profile

爽

Author:爽
大学生
誕生日:8/13
趣味:読書 アクセサリー作り ショッピング
好きな作家:
有川浩 伊坂幸太郎 桜庭一樹 小路幸也 高楼方子 恒川光太郎 豊島ミホ 梨木香歩 三浦しをん 村山由佳 森見登美彦
好きなモノいろいろ:
りんご 甘いもの 王道 FF7 ドラゴンボール 書道 数学 トロンボーンを吹く 整理整頓 aiko 雑貨屋さんめぐり
得意になりたいこと:
料理全般 カラオケ 語学(特に英語!)車の運転(ナビ含む)

Now reading・・・

Now Reading…
『鍵のない夢を見る』(辻村深月)

Etcetera

ランキングとか同盟とか。

・にほんブログ村
本ブログ
ハンドメイドブログ

0813


Counter

Search

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。