スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きらきらひかる 江國香織

2011–04–29 (Fri) 22:53
きらきらひかる (新潮文庫)きらきらひかる (新潮文庫)
(1994/05)
江國 香織

商品詳細を見る
岸田睦月とその妻・笑子は、仲のよい夫婦である。互いを認め合い、静かに時を刻んでいる、普通の夫婦だ。睦月がゲイで紺という恋人がいることと、笑子が精神病でアル中であること以外は。愛する、ということは、決められたひとつの形しか許されないのだろうか?男女の性と、その間の不安定さを描く恋愛小説。


新潮文庫の100冊には大概挙がっているので、前々から気になっていました。
同期の友人が読んでいて、なかなかいい評価をしていたので、これを機に読んでみる事に。

うん。素敵でした。


江國香織って、男女間の不安定さとか気持ち悪さとか、目に見えない結びつきとか、そんな「雰囲気」や「空気」を描くのがとても上手だと思う。
恋愛にスタンダードってないと思うけど、初期の作品でこれを出してくるって結構なアウトサイダーだな…とか思った(笑)


笑子の気持ち、わからなくもないんだよね。
何にも邪魔されず、ふたりが「いい」と思った空間を守り続けることが、どうしてこんなに難しいことなのだろう。
100組の夫婦がいたら、100個の恋愛の形があってもおかしくないと思う。


笑子と睦月の間にあるのは、私は紛れもなく愛だと思うんだ。
恋愛より大きなくくりの、人間愛に分類されるのかもしれないけど。
世の中には、冷え切って愛のない結婚をする人たちも存在するのに、睦月たちだけがアウトサイダー扱いされるのは、なんだか変な感じ。


うーむ…この、不安定な状態で安定しているギリギリのバランスが、なんだかとても美しくて静謐なお話だったと思います。



それと同時に、睦月はなんて残酷なんだろう、とも思ったけど。
誰にでも誠実でまじめであることは、必ずしも優しさではなく、ただの自己満足になるんだよな、って。
最終的にその優しさは、だれも救わないからね。



最後にあとがきより引用。

「ごく普通の恋愛小説を書こうと思いました。誰かを好きになること、その人を感じるということ。(…)素直に言えば、恋をしたり信じあったりするのは無謀なことだと思います。どう考えたって蛮勇です。」

…なるほど。



読了日:2011/3/18
スポンサーサイト

« 【納品】ピアス各種 | TOP |  GW終わりまして »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://littlebylittle13.blog103.fc2.com/tb.php/483-6d6345f5

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | TOP | 

At first

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

管理人の日々のつぶやきと、読んだ本の感想、趣味で作ったハンドメイド小物について綴っています。
更新速度はマイペースですが、情熱が続く限りは続けていくつもりです。よろしくお願いします。

本の感想記事は予告なくネタバレする場合がありますので、未読の方はご注意ください。

初めての方、詳しいことが知りたい方はこちらからお願いします。

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

New Entry

Category

New comment

New trackback

Profile

爽

Author:爽
大学生
誕生日:8/13
趣味:読書 アクセサリー作り ショッピング
好きな作家:
有川浩 伊坂幸太郎 桜庭一樹 小路幸也 高楼方子 恒川光太郎 豊島ミホ 梨木香歩 三浦しをん 村山由佳 森見登美彦
好きなモノいろいろ:
りんご 甘いもの 王道 FF7 ドラゴンボール 書道 数学 トロンボーンを吹く 整理整頓 aiko 雑貨屋さんめぐり
得意になりたいこと:
料理全般 カラオケ 語学(特に英語!)車の運転(ナビ含む)

Now reading・・・

Now Reading…
『鍵のない夢を見る』(辻村深月)

Etcetera

ランキングとか同盟とか。

・にほんブログ村
本ブログ
ハンドメイドブログ

0813


Counter

Search

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。