スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イニシエーション・ラブ 乾くるみ

2010–12–27 (Mon) 12:48
イニシエーション・ラブ (文春文庫)イニシエーション・ラブ (文春文庫)
(2007/04)
乾 くるみ

商品詳細を見る
大学四年の僕(たっくん)が彼女(マユ)に出会ったのは代打出場の合コンの席。やがてふたりはつき合うようになり、夏休み、クリスマス、学生時代最後の年をともに過ごした。マユのために東京の大企業を蹴って地元静岡の会社に就職したたっくん。ところがいきなり東京勤務を命じられてしまう。週末だけの長距離恋愛になってしまい、いつしかふたりに隙間が生じていって…。 (Amazonから引用)


「最後の2行で絶対読み返したくなる!」という書店のポップで注目してた本です。
なのでネタバレすると面白さ半減かなーと思うので感想は一応たたんでおきます。
わりとがっつりネタバレするので、未読の方は注意です!






私、ミステリーって本の中だけで展開されるものだと思ってて、自分のほうに仕掛けられるとは全然思ってなかったんですよ(笑)
だからミステリーに分類されてるのに、あらすじ読んだら恋愛小説っぽくてどうなんかなーと思ってました。
実際読んでみても特に事件が起こるわけでもなく、淡々と進んでいって、しかも恋愛小説としてはあまり面白くない感じだし、「?」って感じでしたね。
最後の2行読んでも一瞬美弥子が二股かけてるだけかと思いましたしw
そういうの、気付けないんです!(>_<)


そんなわけで夕樹と辰也のすりかえには全く気付かなかったんですが←
なんとなく違和感は感じてました。
B-sideのたっくんはわりと凶暴で酒乱癖があるのが気になって、「社会人になって、しかも東京に出たら人は変わっちゃうのかなー」とか思ってました(笑)
まぁ別人だったわけですね。

でもなんか世代が違ったせいか(私が世間知らずなせいか)、普通なら違和感を感じる時事ネタみたいなものでいまいち違和感を感じられなくて…。
そこまで読後にすっきり感がなかったのが残念。


ていうか、マユが強い。
女ってほんとに強か。
怖すぎる。


なんか東野圭吾の文章と似てたな。
個人的に、文章構成に面白さを見出すタイプの小説より、言葉そのものの美しさとか空気感とか、そういう雰囲気重視の小説のほうが好きなので、ちょっと合わなかった気がする。
うむむ…。
ごちゃごちゃ考えながら本読むの、あんま好きじゃないんです(笑)
本読んでる間って、無になりたい。
その世界に没頭したい。

そんなわけでこちらの謎解きをまとめたサイトにお世話になりました(笑)
読んでから見ると「なるほどー」とか思いながら楽しめますw


読了日:2010/6/25
スポンサーサイト

« 太陽の庭 宮木あや子 | TOP |  2010年総まとめ »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://littlebylittle13.blog103.fc2.com/tb.php/460-af1ae274

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | TOP | 

At first

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

管理人の日々のつぶやきと、読んだ本の感想、趣味で作ったハンドメイド小物について綴っています。
更新速度はマイペースですが、情熱が続く限りは続けていくつもりです。よろしくお願いします。

本の感想記事は予告なくネタバレする場合がありますので、未読の方はご注意ください。

初めての方、詳しいことが知りたい方はこちらからお願いします。

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

New Entry

Category

New comment

New trackback

Profile

爽

Author:爽
大学生
誕生日:8/13
趣味:読書 アクセサリー作り ショッピング
好きな作家:
有川浩 伊坂幸太郎 桜庭一樹 小路幸也 高楼方子 恒川光太郎 豊島ミホ 梨木香歩 三浦しをん 村山由佳 森見登美彦
好きなモノいろいろ:
りんご 甘いもの 王道 FF7 ドラゴンボール 書道 数学 トロンボーンを吹く 整理整頓 aiko 雑貨屋さんめぐり
得意になりたいこと:
料理全般 カラオケ 語学(特に英語!)車の運転(ナビ含む)

Now reading・・・

Now Reading…
『鍵のない夢を見る』(辻村深月)

Etcetera

ランキングとか同盟とか。

・にほんブログ村
本ブログ
ハンドメイドブログ

0813


Counter

Search

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。