スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤朽葉家の伝説 桜庭一樹

2008–03–28 (Fri) 14:01
赤朽葉家の伝説赤朽葉家の伝説
(2006/12/28)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
千里眼奥様と呼ばれた祖母・万葉(まんよう)、レディース総長で後に有名な漫画家になる毛毬(けまり)、そして何者にもなれない瞳子(とうこ)。戦後のあわただしい世、高度経済成長の波、そして現在へと流転する社会を背景に、あるひとつの旧家の女たちと、それを取り巻く一族の生き様を堂々と書いた雄編。

直木賞とっただけあって、今世間では桜庭一樹ブームですねー。
初めて読んだ桜庭作品は「少女七竈と七人の可愛そうな大人」なんですが、それ読んだころにはまさか直木賞取るとは思いませんでした(笑)

「私の男」はもちろんのこと、これも候補だったんで注目されてて、しばらくは読めないかなぁ、いつ読めるかなぁ・・・と悶々としてたんですが、なんとか学校で借りれました。よかったよかった。

「少女七竈~」がすごいよくて、「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」が結構辛くて、2作が全く逆の振れ方をしたので桜庭作品の評価が定まらなかったんですよ。

で、今回。
今回は引き込まれました。
2段組にあの厚さ、一体どれくらいで読み終えられるのかと恐れ慄いてましたが、わりとすらすら読めました。
勢いにのってとんとん読むことも可能だったんですが、なんかそんなふうに軽く読んではいけないような雰囲気があったように思います。流れていく時の流れの重さに、たった20年ほどしか生きていない私は、圧倒されました。
ファンタジーのようでありながら、でもノスタルジックな雰囲気で、私にとっては実感のない神話の時代から現代へとリンクしていくことに、とても不思議な気持ちになりました。
本の中の出来事だと思っていたことが、いつのまにか現実になっていたという、感覚。

もはや物語ではない。
約半世紀の時間を圧縮した、時そのもの、歴史そのもの、人生そのものを閉じ込めたという感じです。

話は、空飛ぶ一ツ目男の未来視から始まり、落ちゆく隻眼の職工の姿で幕を閉じる。
それは一気に飛躍し、そして今また低迷する日本経済の姿を揶揄しているのかもしれない。
ただ、この職工ような人間は、神話が終わる時代には大勢居たのではないかと思う。

私は瞳子とほぼ同い年(というか瞳子が早生まれならタメ)なので、何者でもないことに怯える気持ちがちょっとわかります。
自分のアイデンティティをどうやって証明すればいいのか、わからない。
私が私だと胸張っていえるものは一体何なのか。
そう思うからこそ、最後のくくりはなんかほっとする。
何も見えなくても、相手が分からなくなっても、私の未来はまだこれから。
きっとビューティフルワールドが待っているのだと、信じることが出来る。

あとはぶくぷく茶!
なんてキュートなネーミング(笑)ぜひ一度飲んでみたいです☆
自分、食べ物ネタに食いつくこと多いなぁ…(^_^;)


本屋大賞候補作ですが、桜庭一樹は2作あるから票割れしそうだなぁー。
もうちょっとしたら予想順位を立ててお祭り気分で楽しみたいです(笑)

「私の男」はいつ来るのか…。
直木賞決まってすぐ学校にリクエストしたので、どうやら入手困難らしいです。
桜庭一樹は苦手なのと好きなので差が激しいので、何読むか迷います。
ラノベっぽくないやつを探して読もう…。

読了日:2008/3/22
スポンサーサイト

« 別れの季節 | TOP |  急にいそがしくなっちゃったよ »

コメント

二段組309ページも、読み始めると引き込まれて圧倒されましたね。
三者三様の時代背景を持った女性たちの物語。読み応えがありました。
瞳子とほぼ同い年!、いいなぁ~。
明るいビューティフルワールドが待っていますよ、きっと。
私も食べ物ネタに食いつくことが多いので、ちょっとうれしいです(悪影響!?笑)。
「私の男」もお楽しみに。

江國さんの「がらくた」の記事もありますよ。

二段組は「空飛ぶタイヤ」以来だったんですが、矢はり長さと読みやすさは関係ないですね~。
女三代、どの時代もその時代なりの苦労と素晴らしさがあり、生きるということを考えさせられました。
瞳子が生まれた年を客観的に見ると、時代が色々と揺れ動いたときで、私はこんな時代に生まれたのか…となんだか不思議な気持ちになりましたねー。

食べ物はやっぱり気になりますよね?!(笑)
実際にあるものならぜひ食べに行きたい…☆

「がらくた」、借りてる本なんですが期限内に読みおわりそうにないんです~(-_-;)残念…。お邪魔するのはまたの機会になりそうです。

毛毬と同世代なんで、パラリラパラリラのあの時代がすでに歴史になっているというのが結構ショックでした^^;
でも思えばあの頃はおもしろい時代で、今の若い人の方が生きにくいのかもしれないって、瞳子のところを読みながら思いました。だからラストのビューティフルワールドという言葉、すごくいいなって思いました。

今の時代って、後から振り返ってみてもどんな時代だか言い表せない中途半端な時代だと思うんです。私の世代は色々なものの過渡期で、基盤がないまま進んでるって感じがするので…。そういう意味では確かに行きにくい時代なのかもしれません(^_^;)
「ビューティフルワールド」には私もなんだか安心しました。これから、何とかなるかもしれないって思えました^^

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「赤朽葉家の伝説*桜庭一樹」

☆☆☆☆・ 赤朽葉家の伝説桜庭 一樹 (2006/12/28)東京創元社 この商品の詳細を見る 「山の民」に置き去られた赤ん坊。この子は村の若夫婦に引き...  …

「赤朽葉家の伝説 桜庭一樹」

Book Designは岩郷重力+WONDER WARKZ。書き下ろし。日本推理作家協会賞受賞。「このミステリーがすごい2008年版」2位。 物語の舞台は鳥取県...  …

「「赤朽葉家の伝説」桜庭一樹」

赤朽葉家の伝説 こういう大河小説というか、女の一代記は(これは三代記ですけど)もともと好きなんですが、これもおもしろかったです。有吉佐和子さんの「紀ノ川」をもっと現代に引き寄せて、神秘的でオカルティックなものを加えて、ミステリも加えて、・・と、盛りだ...  …

「「私の男」桜庭一樹」

私の男 PCに向かう時間がなかなかとれなくて、読んでから時間が経ってしまったんですが、忘れるどころか時間とともに印象が濃くなってるような気すらします。ちょうど直木賞受賞の日に図書館から予約の順番がまわってきたと連絡がありました。すごくタイムリー。そし...  …

トラックバックURL

http://littlebylittle13.blog103.fc2.com/tb.php/111-aa92feab

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | TOP | 

At first

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

管理人の日々のつぶやきと、読んだ本の感想、趣味で作ったハンドメイド小物について綴っています。
更新速度はマイペースですが、情熱が続く限りは続けていくつもりです。よろしくお願いします。

本の感想記事は予告なくネタバレする場合がありますので、未読の方はご注意ください。

初めての方、詳しいことが知りたい方はこちらからお願いします。

Calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

New Entry

Category

New comment

New trackback

Profile

爽

Author:爽
大学生
誕生日:8/13
趣味:読書 アクセサリー作り ショッピング
好きな作家:
有川浩 伊坂幸太郎 桜庭一樹 小路幸也 高楼方子 恒川光太郎 豊島ミホ 梨木香歩 三浦しをん 村山由佳 森見登美彦
好きなモノいろいろ:
りんご 甘いもの 王道 FF7 ドラゴンボール 書道 数学 トロンボーンを吹く 整理整頓 aiko 雑貨屋さんめぐり
得意になりたいこと:
料理全般 カラオケ 語学(特に英語!)車の運転(ナビ含む)

Now reading・・・

Now Reading…
『鍵のない夢を見る』(辻村深月)

Etcetera

ランキングとか同盟とか。

・にほんブログ村
本ブログ
ハンドメイドブログ

0813


Counter

Search

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。