スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きらきらひかる 江國香織

2011–04–29 (Fri) 22:53
きらきらひかる (新潮文庫)きらきらひかる (新潮文庫)
(1994/05)
江國 香織

商品詳細を見る
岸田睦月とその妻・笑子は、仲のよい夫婦である。互いを認め合い、静かに時を刻んでいる、普通の夫婦だ。睦月がゲイで紺という恋人がいることと、笑子が精神病でアル中であること以外は。愛する、ということは、決められたひとつの形しか許されないのだろうか?男女の性と、その間の不安定さを描く恋愛小説。


新潮文庫の100冊には大概挙がっているので、前々から気になっていました。
同期の友人が読んでいて、なかなかいい評価をしていたので、これを機に読んでみる事に。

うん。素敵でした。


江國香織って、男女間の不安定さとか気持ち悪さとか、目に見えない結びつきとか、そんな「雰囲気」や「空気」を描くのがとても上手だと思う。
恋愛にスタンダードってないと思うけど、初期の作品でこれを出してくるって結構なアウトサイダーだな…とか思った(笑)


笑子の気持ち、わからなくもないんだよね。
何にも邪魔されず、ふたりが「いい」と思った空間を守り続けることが、どうしてこんなに難しいことなのだろう。
100組の夫婦がいたら、100個の恋愛の形があってもおかしくないと思う。


笑子と睦月の間にあるのは、私は紛れもなく愛だと思うんだ。
恋愛より大きなくくりの、人間愛に分類されるのかもしれないけど。
世の中には、冷え切って愛のない結婚をする人たちも存在するのに、睦月たちだけがアウトサイダー扱いされるのは、なんだか変な感じ。


うーむ…この、不安定な状態で安定しているギリギリのバランスが、なんだかとても美しくて静謐なお話だったと思います。



それと同時に、睦月はなんて残酷なんだろう、とも思ったけど。
誰にでも誠実でまじめであることは、必ずしも優しさではなく、ただの自己満足になるんだよな、って。
最終的にその優しさは、だれも救わないからね。



最後にあとがきより引用。

「ごく普通の恋愛小説を書こうと思いました。誰かを好きになること、その人を感じるということ。(…)素直に言えば、恋をしたり信じあったりするのは無謀なことだと思います。どう考えたって蛮勇です。」

…なるほど。



読了日:2011/3/18
スポンサーサイト

【納品】ピアス各種

2011–04–27 (Wed) 22:47
ようやく納品です!
連休前に置いて来れてよかったぁ…。

<フープピアス2種>
ちょっとポップな感じをイメージしました。
フープですが、小ぶり(直径1.7センチ程度)なので、わりと気軽に可愛くつけてもらえるかな~と思います。
P1040443.jpg P1040444.jpg

<シズクビーズのピアス4種>
こっちはちょっとゴージャスな雰囲気で。
ゴールドは、作ってみたらなんかエジプトっぽくなったような気がしますw
シルバークロスのものは、写真では見にくいですがブラックダイヤのスワロパーツを使用しています。
P1040445.jpg P1040446.jpg P1040448.jpg P1040447.jpg

<ストラップ>
落ち着いた、でも華のあるストラップを作ってみたくて。
結局それは白黒のバラを起用することで、イメージに近いものができました。
P1040442.jpg


何か心惹かれるものがありましたら、DIAMOND HEROさまのほうにお預けしておりますのでぜひ足を運んでみてください^^
ほかの作家さん方の、これより数倍可愛い小物もたくさん置いてあります(^^)/

今回の小物たちも、誰かいい人のところにお嫁にいけますように^^

プチ

2011–04–24 (Sun) 23:18
職場用の小さなピアスを作りました。

P1040449.jpg

耳元でかすかに揺れる程度の長さにしました。

ゴールドのパール付きのやつのピンは、下がクローバーになってる飾りピンです。
最近ピンの種類も結構豊富になってきたけど、昔からこのクローバーのピンが一番好きだな。
というわけでゴールド・ロジウム・金古美は常備しています(^^)/
金古美全然使わないけどw
ピンクゴールド買ったほうがいいかな。
今度ピンクゴールドのキャッチと共に買ってこよかな。


最近は石付きキャッチピアスが結構出ていて、こういう小さいピアスも作りやすくなってきたのは嬉しい!
前は何とか自作しようとして、丸皿とラインストーンを接着剤で貼り付けてたな…。
それでもまぁそれなりのものができるんですが、クオリティはやっぱり下がる。
しかも細かい作業が大変で。
接着剤が間違って石の表面に付いちゃうと、せっかくの輝きがマットになってしまうので、それで石をいっぱい無駄にしたな~…(>_<)

明日さっそくどれかつけようっと。

刻まれない明日 三崎亜記

2011–04–18 (Mon) 13:36
刻まれない明日刻まれない明日
(2009/07/10)
三崎 亜記

商品詳細を見る
「開発保留地区」―それは十年前、3095人の人間が消え去った場所。街は今でも彼らがいるかのように日々を営んでいる。あの感動から3年―“失われた時”が息づく街を舞台に描く待望の長編。(Amazonより引用)


長編、てなってるけど、連作短編ぽいので章立てを。
「歩く人」「第五分館だより」「隔ての鐘」「紙ひこうき」「飛蝶」「光のしるべ」「つながる道」

Feel Loveの連載がまとまったものなので、どの話もゆるい恋愛小説風味です。
ただ、人と人の絆、みたいなものが全編を通じてのテーマのように感じられたので、普通の恋愛小説だと思って読むと物足りないかと思われます。

世界観が『失われた町』と同じ。
そこから少しだけ進んで、その消失についてのメカニズムがほのめかされているような感じでした。
すこしずつ、この世界も進んでいるんですね。

『失われた町』の世界観は結構好きだったので、
言葉の美しさと共に、なかなかいい雰囲気で楽しめました。
三崎作品はたまに後味の悪いものに出会うんだけど、これはずいぶん綺麗な世界観。

ヒノヤマホウオウとか、七階撤去とかが普通に出てくるので、三崎作品は通しで読むと小さな嬉しさを感じられますね(笑)

「隔ての鐘」が一番すき。
駿の素直さと、母子関係がいい。

「駿は、普通とか、普通じゃないとか、そんなことで人の気持ちを測るのかな。君をそんな風に育てた覚えはないんだけどな」

っていう母親の台詞が、いいな。


人との想いをつなぐこと、というのがとても重要視されていて、
手をつなぐ温かさとか、
言葉の重みとか、
自分の信念を貫くこととか、
そういう姿をたくさん描いているので、こちらも毎日を丁寧に生きたくなる。


覚悟ができているかどうかの違いだけで、隣にいる人はいつか消えてしまう。
もしかしたら、自分が消えてしまうかもしれない。
行き急ぐつもりはないけれど、伝えるべきこと、伝えたいことは、きちんと伝えていきたいな、と思うのでした。


読了日:2011/3/6

南の子供が夜いくところ 恒川光太郎

2011–04–17 (Sun) 22:36
南の子供が夜いくところ南の子供が夜いくところ
(2010/02/27)
恒川 光太郎

商品詳細を見る
家族で海水浴に来たタカシは、不思議な女性・ユナの導きによって、トロンバス島という南国に案内される。そこでは、場所も時間も定かなものは何もない。多くの人が、ふとした瞬間に、今とは全く違う次元へと足を踏み入れる。タカシもまた、その幻想へといざなわれていく…。現実と異界の境もあやふやになる、7編の幻想連作短編集。


「南の子供が夜いくところ」「紫焔樹(しえんじゅ)の島」「十字路のピンクの廟」「雲の眠る海」「蛸漁師」「まどろみのティユルさん」「夜の果樹園」の7編。
冒頭に登場するユナとタカシがキーパーソンで、どの話にもちょこちょこ登場します。ほかにも名前だけ登場したり、話が出てきたりする人物たちがいる、ゆるーい連作短編になってます。


個人的には「紫焔樹の島」が一番好きかなぁ。
ほかの話では偉大な呪術師として描かれているユナのルーツとか、疫病の蔓延の様子とか、一番読み応えがあった感じ。
実際にこういうことってあると思うし…。

いつも恒川作品では時間というより時空の転換がなされることが多いので、タイムスリップが起こるのって珍しい感じ。

うーん、でも、『夜市』でこの人の作品を読み始めた私としては、ちょっと物足りない感じかな。
楽しめたけど、期待していた方向とは違っていたというか。
私は恒川作品の、不条理がもたらす怖さ、もしかしたら現実に自分の身にも起こるのではないかっていう変なリアリティに惹かれたんだけど、これはどうもファンタジーな気がする。

もやもやとした気持ち悪さが残るその重さ、後味の悪さをもうちょっと感じたかった。

そういう意味では「夜の果樹園」が一番それっぽいか?


「紫焔樹の島」は好きだけども、世間知らずの未開の地が疫病によって滅びていく様子は、歴史の中では普通にあったことなのではないかな。
そんなに歴史に詳しいわけじゃないけどさ。


次は、もっとこう、ひんやりとした温度の低いお話が読みたいかな、なんて思う。



読了日:2011/2/21

はじめのいっぽ

2011–04–10 (Sun) 22:51
地震にまつわる色んなゴタゴタと、新生活のうねりに負けて、文章化するのをさぼってました。
結果またも放置プレイw

今日で震災から1ヶ月。
でもまだ余震がひどい。
数日前の余震なんて阪神淡路大震災と同じ規模だからねw
地震慣れしてきている人々が、逞しいのか麻痺しているのか、もうわからないなぁ。


私は地震のせいで卒業式はなくなったわけですが、
サークルの卒コンは後輩たちの尽力によって開催されたわけだし、
会いたい友達に会えたわけで、
卒業式がないことに対しては喪失感もなく、大学を卒業し、学位授与されました。

卒コンはとにかく楽しかった!
色紙はすごくたくさんの後輩たちが書いてくれていて、
こんなことまで覚えているのか!ってくらい細かいことを覚えてくれてて嬉しかったです。

まぁ色々、卒コンについては書きたいことがないわけではないけど、
伝えたいこととか残しておきたいことは、もう誰かにすでに伝えているから、わざわざ書かなくてもいいかな、という感じ。

大学生活は、なかなかに満喫できたかな。
後悔はないです。いろいろと。




そして10日前くらいから社会人スタートしました!
ようやく生活リズムを掴んできた感じ。

3/31と4/1に研修して、4/4から本配属して働き始めました。
私は本社営業本部に配属になりました(^^)/
営業って行ってもうちの営業は得意先へのルート営業だし、
本部は全然外に出ないらしいw
なので、営業事務っていうのが一番しっくりくるのかなー。

せっかく名刺入れ買ったのに使わずに終了しそうwww


研修終わった日に同期のみんなと飲みに行って、
楽しかったんだけど、
その日の帰りとか夜とか、不安と寂しさで死にそうになりました。
たぶんお酒のせいだと思うけど。
久々に飲んだのと、すきっ腹に入れたので、
ふらふらして頭が痛いほど酔ってしまった(>_<)
お酒飲んだ日の寝る前って、どんなに楽しい飲み会のあとでも泣いたり泣きたくなったりする。
最近は、そういうの減ったけどさ。


そんなホームシックな土日、
新生活のためのアイテムをそろえに買い物に行ったら、
偶然友達と会えて、2時間くらいお茶することができました。
そしたらなんかすごく気分が晴れて、
翌日から頑張れるな、って気になった。
友達って本当に大事!って思った(;_;)
ありがとう!


先週1週間はとにかく、
朝6時起床→8時20分出社→17時30分終業→19時過ぎ帰宅→24時就寝
というリズムを整えるのに精一杯でした。
疲れと早起きの苦手さで、家に帰ったらとにかく眠くてどうしようもなかったです。
まぁちょっとずつ慣れてきたので、そろそろ誰かと遊ぶ予定を立てたいなと思えるくらいの余裕ができ始めました。

まぁでもよく考えてみると、
授業受けてサークル行ってバイト行って書道やって、
っていう生活が
仕事行って書道やって、
っていう生活に変わったわけなので、
ある意味楽です。
今のとこ大した仕事してないしw
不器用なので、ひとつになるべく集中したい。


はー…失敗しないで乗り切ることは不可能なので
それならもういっそのこと早めに失敗したい!
何でも聞けるうちに聞いておきたい!(>_<)
とりあえず外線を躊躇なく取れるようにならねばー(;_;)


今週も、頑張ろう!

 | TOP | 

At first

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

管理人の日々のつぶやきと、読んだ本の感想、趣味で作ったハンドメイド小物について綴っています。
更新速度はマイペースですが、情熱が続く限りは続けていくつもりです。よろしくお願いします。

本の感想記事は予告なくネタバレする場合がありますので、未読の方はご注意ください。

初めての方、詳しいことが知りたい方はこちらからお願いします。

Calendar

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

New Entry

Category

New comment

New trackback

Profile

爽

Author:爽
大学生
誕生日:8/13
趣味:読書 アクセサリー作り ショッピング
好きな作家:
有川浩 伊坂幸太郎 桜庭一樹 小路幸也 高楼方子 恒川光太郎 豊島ミホ 梨木香歩 三浦しをん 村山由佳 森見登美彦
好きなモノいろいろ:
りんご 甘いもの 王道 FF7 ドラゴンボール 書道 数学 トロンボーンを吹く 整理整頓 aiko 雑貨屋さんめぐり
得意になりたいこと:
料理全般 カラオケ 語学(特に英語!)車の運転(ナビ含む)

Now reading・・・

Now Reading…
『鍵のない夢を見る』(辻村深月)

Etcetera

ランキングとか同盟とか。

・にほんブログ村
本ブログ
ハンドメイドブログ

0813


Counter

Search

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。