スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉野北高校図書委員会3 トモダチと恋ゴコロ 山本渚

2010–09–28 (Tue) 12:06
吉野北高校図書委員会3 トモダチと恋ゴコロ(MF文庫 ダヴィンチ) (MF文庫ダ・ヴィンチ)吉野北高校図書委員会3 トモダチと恋ゴコロ(MF文庫 ダヴィンチ) (MF文庫ダ・ヴィンチ)
(2009/12/23)
山本 渚

商品詳細を見る
高3の夏休み、受験生川本かずらを悩ますものはたくさんあった。進路、図書館にいると語りかけてくる本たち、そして大好きな友達たち。今この瞬間の居心地がよすぎて、卒業のことを考えると足が止まってしまう。そんな中、突然かずらを好きだという小嶋が現れて…。「すき」と「トモダチ」の狭間を描く、シリーズ3作目。



いい感じにキュンキュンできて幸せになれます
やっぱりこのシリーズ好きだな。

待ちに待ったというか…ずっと読みたかった「大地目線」が出てきたのですごく新鮮で楽しかった!
外から見ている分には、完璧優等生の武市くん、て感じだったから、この未完成感といいますか…そういう歪み、みたいなのはとても新鮮でした。いや、それくらいのひずみを持ってないとおかしいんですがね。
きっとそういう歪みの部分とか、共感してくれたのがかずらだったんでしょうね。

『俺にとってかずは本当に大きな存在なのだ。それこそ男とか女とかではなくて、本当にお互いわかり合える相手な気がしていた。』
という部分に大地がどれだけかずを大事に思っているかがわかる。
これだけ大事に思っているのに、それでもあゆみを選んだってことは、相当大きな衝撃だったんでしょうね、あゆみの価値観が。

自分の価値観にぴったり合う人と一緒にいるのはとても楽しくてほっとして、そして楽です。
自分のダメなところもいいところも全部含めて受け入れてもらえるからこそ、その安堵感が生まれると思うのだけど、それって実は結構お互いにお互いを甘やかしてしまうのではないかとも思う。
ダメな部分を、それでよしとしてしまう可能性があるから。
かずらも大地もそんなに弱い人ではないと思うけど、二人で寄り添ったらずるずると堕ちていってしまうのかもしれない。だから、お互いにトモダチのまま踏みとどまっているのかも。無意識のうちに。

まぁそうでなくても、恋愛に対してとても不器用なのかなと思う。
きっと、誰に対しても誠実でありたいと思うんだろうな。
とてもすばらしいけど、それは時に自分を苦しめるものでもあると思うのです。


「女のトモダチ」の壬生っちがいいです。
『周りの大人は持たざるものへの偏見には嫌悪を示すけど、持っているものへの偏見には鈍感だ』
という台詞はほんと、そうだと思うし。
中学くらいの頃はガリ勉で、そのおかげで成績はそれなりにいいものをいただいていたのですが、必死で努力して勝ち得たものを、「あなたは頭がいいから。私とは違うから。」とかいう言葉で片付けられるのが嫌だった。
決して頭がいいわけではない。それでも頑張って成果を出した。
人が何の努力もせずに楽して得ているみたいに言うな、って思ってた。
あーぁ、この本その頃読みたかった!笑


かずら、トモダチに愛されてるね!!
いいなぁ、幸せものだなー^^
というか、ついに藤枝が報われるときがきた!!!
藤枝サポーターの私としては非常に嬉しい展開でした。
ほんともうありがとうございます!!って感じでしたw
ちょっと、かずらは結局やっぱり大地が好き、って思って耐える恋をするのかな、って思っていたりもしたので、よかったです。
『奴なら成層圏まで飛んでいく』という壬生っちのコメントが面白かったw

お互い好きで意識し合ってるのに、前に進めないじれったさがもどかしいです。
早く成層圏まで飛んでいく藤枝が見たいので、続きをぜひ書いていただきたいです。

読了日:2010/5/8
スポンサーサイト

秋、はじまりました。

2010–09–27 (Mon) 20:48
今日の朝、すごくいい夢見た気がする。
でもどんな夢だったかよく覚えてないw
もったいないことしたな。
ただ、すごく幸せだったのだけ覚えてる。
寝るときも起きるときもたいがい苦痛しか感じないのに、あんなに幸せで気分よく目覚めたのはいつぶりだろう。



*近況*

①食欲の秋

地元に数名をご招待して、たこ焼きWiiパーティーしました(´ω`)
招待者は基本的にうちに近い人だったのだけど、結局ようわからんメンバーになったwまぁいいやw
手作りならではのよくわかんないたこ焼きも作ったwうまし!



②芸術の秋

25日は書道会の本部で勉強会。
今回の課題は慣れ親しんだ行書でしたが、惨敗に終わりましたorz
まあ…原因はわかってる。絶対的に書いてる量が少ないんだな。
会長によると、書道の世界では『天才』はいないらしい。
ここで言う天才っていうのは、なんとなくセンスだけでいいとこまでいけちゃう、って感じの人ね。
どんな人もある一定のラインまで書かないと芽が出ないらしいです。
それも何十年というレベルで。
だから頂点目指そうと思うなら若いうちからやっとかないとダメらしい。
頂点目指そうなんて思っていないが、ここまできたら行けるとこまで行きたい。

もはや空気のような、自分の一部みたいなので改めて考えることあんまりないけど、
やっぱり書くことは好きみたいです。

そうじゃなきゃ私の性格的に始めてもないはずだけどw



③学問の秋

卒論、いざやり始めると楽しいです。提出が必修でないがゆえにだいぶゆとりを持って制作できる喜び!
図書館の論文用貸し出しを利用したが、各館3ヶ月6冊とか素晴らしすぎる…!
しかも通常貸し出しに加えてとか…!今までの苦しめられた冊数制限にもおさらばかと思うと嬉しすぎるヽ(゚∀゚)ノ
そして参考論文のコピーが増えていく…部屋が紙地獄になっています。



---


夏ガツ終わってから不必要に落ち込んだりしてましたが、だいぶ落ち着きました。
サシ飯・サシ飲みのおかげかな。人と話すの、ほんと大切。
視野狭窄に陥って、感情だけが突っ走って暴走することは、切羽詰るとよく起こる。
自分の能力のキャパシティって、広げられるものなのか?
広げようと努力するより、このキャパのなさをうまくフォローする方法を考えたほうがいいのか。
自分との付き合いかたって、永遠のテーマだと思う。


不安定なイライラともやもやの正体もわかった。
ひとりじゃないとわかったら、なんか、すとんと落ち着いた。

さいごの…

2010–09–25 (Sat) 13:32
新学期が始まってました←
しかし祝日に授業入れるとかもう…爆発すればいいと思う\(^o^)/


新学期の抱負を述べる前に夏休み最後の1週間の振り返り。


*仮免ゲット*
仮免学科試験合格によりようやく仮免許をゲット!やっと第2段階です。路上とか怖すぎる
実際路上を走ったらまわり早すぎて焦った…。


*カラ練2010夏*
「歌に自信のない者によるカラオケ練習会」を同期ふたりと開催しました。
4時間くらい歌った楽しかった!

「難しくて人前で披露しにくいが歌いたい曲」「練習したい曲」を歌う会だったので、曲のリピート可。結果、履歴が大変なことにw

ルール無用で気を使わず自分の歌いたいものだけのびのびと歌えたのはよかった
また行こう(^O^)/もうしばらく練習ですがw


*体育祭@母校*
妹の応援で母校の体育祭へ
一年で一番盛り上がる行事だから、みんな超輝いてた青春すぎて眩しかった(笑)
4年前まであそこにいたなんて…信じられない\(^o^)/
でもほんとーーーーに楽しそうで羨ましかった自分の代のこととか思い出して、つくづく私は高校時代満喫したなーって思う(´∀`)

チーム分けは誕生日で春夏秋冬に分けられていて、妹の属する夏組(=私の組でもある)は総合優勝しましたよかったね(^ω^)ノ

家に帰ってから父以外の3人で高校トークo(^-^)o楽しかった!

これから私が青春っぽい青春を感じられるのは、約2ヶ月後に迫った定期演奏会が最後なのかと思うと、無性に淋しくなった。
定演、頑張る!(`ω´)



*そして新学期*
時間割は週2にしてみました。
月曜にもうヒトコマ増やし、4コマ。

月2 文学講義404
月3 ゼミ
月4 超越文化学講義2
木4 文学講義38

ゼミさえ取れれば卒業です。手違いがない限り!!

続きを読む ⇒

2010夏合宿@山中湖

2010–09–13 (Mon) 22:47
修了検定合格した\(^o^)/
あとは仮免学科試験にクリアして第一段階終了です。
がんばる。
キャノンボールまでに免許取得なるか?!(間に合ってもドライバーにはならないけどw)

***


9/8~12までサークルの夏合宿@山中湖でした。
さすがに4回目ともなると唇と体調のコンディションの持っていき方がわかるようになるので、体力的には4年間でもっとも元気な合宿だったと思う。
係の仕事も学年会もないからだろうけど。

今回の合宿の目標は『1年生全員の顔と名前を覚える!』でした。
これは完璧にクリア!
それぞれの個性もだんだん掴めてきた。よしよし。
ようやくスタートラインって感じだな。
あと半年、まだまだいっぱい遊ぶぞー。

1・4年会はみんなのおかげで成功したと思います!
20期ありがとうー\(^o^)/
1年生も楽しんでくれていたみたいだし、よかったよかった。
私のグダグダな仕切りだけが残念でした。
チームうっかりにも負けぬうっかりを連発していたような気がします。
ほんとすいませんm(_ _)m

あと色々言葉きつくてごめんなさい。
注意しようと思ってるのに、遠慮がなくなってくるとすごくきついことを言ってしまう。
時々失敗してひとり落ち込む。
人間、調子に乗るのはほんとによくない。


レクおよびコンパの20期のガチさがすごいw
特にレクは20期が一番楽しんでいたwww
大人気ない人たちがたくさんいたw
でもそんな中バレー2位獲得!!わーい\(^o^)/
ジュースはゲットできなかったけど、バレー2位は個人的に快挙☆
22期団長および指揮者が活躍してくれたおかげだ!


夜の時間にすごくゆとりがあった。
午前1時くらいに寝れる余裕があるのだけど、日々3時とかに寝ている人間なのでそんな時間に寝るのがもったいなくて、練習してた。
基礎練ひさびさにがっつりやった。
楽しい。
今回は暇な分いつも以上に演奏者として頑張ろう、というのはひそかに決めていたことなので、純粋に楽器を吹いて楽しいと思えたのはよかったな。
まだ曲のほうは全然吹けてないけどorz
自分の課題がよく見えた。

席替え合奏楽しかったな♪
席替え大阪俗謡は、前に行こうと思ったら木管の隣が空いてなくて、放浪した結果自分の席に戻るというw
隣はフルートとクラだったからなかなか面白かったけど^^
後ろはT.Saxとピッコロでした。
庶吹一の長身が楽団一小さくて高い音の出る楽器を最後列で吹いているのを間近で見ました。
ピッコロがおもちゃのようでしたw

小ネタ集箇条書き
・誠実なチャラ男
・ラム肉
・某22男の異常な人気と恋するもえこ
・「男部屋に入り浸ってるイメージ」
・みんなで協力して布団を敷く
・優雅なデザートタイムと濃霧の湖畔
・夏ガツはSDカードよりライターを持ってくるべし
・八分丈
・一年生放置プレイ再び
・「寝てもいいですよ!」
・日常会話「結婚したい」


次期副団長も決まって、庶吹の1年もラストスパート序章、みたいになってきた。
『ありがとう』の気持ちを大切にして、おそらく人生最後になるであろう、今年の定演に向かっていければな、と思います。
秋ガツも楽しみー♪
とりあえず久々の20期会が楽しみです^^


続きを読む ⇒

 | TOP | 

At first

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

管理人の日々のつぶやきと、読んだ本の感想、趣味で作ったハンドメイド小物について綴っています。
更新速度はマイペースですが、情熱が続く限りは続けていくつもりです。よろしくお願いします。

本の感想記事は予告なくネタバレする場合がありますので、未読の方はご注意ください。

初めての方、詳しいことが知りたい方はこちらからお願いします。

Calendar

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

New Entry

Category

New comment

New trackback

Profile

爽

Author:爽
大学生
誕生日:8/13
趣味:読書 アクセサリー作り ショッピング
好きな作家:
有川浩 伊坂幸太郎 桜庭一樹 小路幸也 高楼方子 恒川光太郎 豊島ミホ 梨木香歩 三浦しをん 村山由佳 森見登美彦
好きなモノいろいろ:
りんご 甘いもの 王道 FF7 ドラゴンボール 書道 数学 トロンボーンを吹く 整理整頓 aiko 雑貨屋さんめぐり
得意になりたいこと:
料理全般 カラオケ 語学(特に英語!)車の運転(ナビ含む)

Now reading・・・

Now Reading…
『鍵のない夢を見る』(辻村深月)

Etcetera

ランキングとか同盟とか。

・にほんブログ村
本ブログ
ハンドメイドブログ

0813


Counter

Search

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。