スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂漠 伊坂幸太郎

2007–11–26 (Mon) 01:41
砂漠 砂漠
伊坂 幸太郎 (2005/12/10)
実業之日本社
この商品の詳細を見る
大学1年の幕が開ける。コンパで知り合った僕ら5人は、なんとなく大学生活を一緒に送ることになる。特別なことがあったりなかったり、とにかく僕らは色々なものに振り回されながら、「砂漠」へ旅立つ日に一歩一歩前進していたのだ・・・とても現実的なのにどこかにズレがある、伊坂風青春小説。
伊坂幸太郎は久々に読みましたが、やっぱりいい味出してますね~。
「重力ピエロ」「オーデュボンの祈り」などなど気になる本はいっぱいあるんですが、大学生の自分が今読むならこれかなぁ、ってことでコレをチョイス。
実際大学が舞台ではありますが、面白いことは大学外で起きていることのほうが多かったような気がします(笑)

伊坂さんの作品は、なんかどれも地に足がついてない、というか常に漂ってるような浮遊感を感じます。しっかりしてないから、話の流れが出う転んでも、どこに着地しても不思議じゃない感じ。話のオチが二転三転するのもなかなか楽しい。

しかしキャラクターはどれも魅力的ですね~。
西嶋ははじめ出てきたときけっこう「ウザいな」とか思ってしまったんですが、読み進めていくとすごい好きになりました。いや、多分身近にいたら実際ウザいんでしょうけど。なんていうか、扱いに困る(笑)
第三者でいるぶんには変人(←褒めてます)大歓迎☆
彼が最後、東堂のバイト先で呟いた言葉に、私も嬉しくなりました。
あと、冷徹に見える美女の東堂が友人達にさりげない気遣いをしたり、鳥瞰型だった北村が友達のために熱くなったりと、そういうささやかな友情が垣間見えるシーンがよかったです。

惜しむらくは私に麻雀の知識が皆無だったこと・・・。
もともと彼らが始めに集まったのって麻雀がきっかけだし、実は結構話の重要な部分を占めているのに、いまいちよくわからないままだったのが残念でした。これを機会に覚えてみようかなぁ。

しかし鳥井がいきなり左腕をなくす、というショッキングな出来事があんなに急に起きるとは思わなくてびっくりしました。
でもほんとに鳥井はいい奴、ってかすごいやつだと思う。確かに面白半分で妙な事件に首を突っ込んで、結果腕をなくしたわけだから、自業自得と言えなくもないんだけど・・・。それを素直に受け入れて納得できる人は、そう多くないんじゃないかと思うので。

タイトルの「砂漠」は、社会の厳しさを例えたものです。
自分はまだ学生生活という「オアシス」でぬくぬくと生きているので、こういうのを読むと、どれだけ自分達がいろいろなものから守られているかということに改めて気付かされます。
その貴重な時間で何ができるのか、もっと真剣に考えようと思いました。
あと、仲間と一緒にいる時間を大事にしなくちゃ、ってこと。
バカなことをワイワイやれるのってもう今しかないのかも、って思うとぼーっとしてなんかいられない!(笑)

そういや、この話の構成なんですけどね。
春・夏・秋・冬・春、の5部構成なのですが私はすっかりだまされました(笑)
一年間のことだと思っていたら、1年生の春・2年生の夏・3年生の秋・4年生の冬・そして卒業の春、でした。
全然気付かなかった~。ホスト礼一もプレジデントマンもどれだけ長い付き合いなんだ(笑)

久々の伊坂ワールド、楽しかったです☆次の伊坂本は何にしようかなぁ。

読了日:2007/11/22
スポンサーサイト

図書館革命 有川浩

2007–11–16 (Fri) 01:40
図書館革命 図書館革命
有川 浩 (2007/11)
メディアワークス
この商品の詳細を見る
図書隊は創設者および司令・稲嶺の勇退により新しい時代を迎えた。そんな折に突如起こった原発テロ。そして、テロの参考書にされてしまったと疑われた一冊の本。良化委員会は、その本の著者に目をつけた―。果たして図書館隊は、彼を、国民の持つ「表現の自由」を、守ることができるのか?―「図書館」シリーズ、堂々のクライマックス!
なんていうかね。
やばい。
泣きそう。

このシリーズ本当に好きで、最終巻が発売されるのすごく楽しみにしてたんですけど、同時に終わってしまうのがすごく寂しくもあって、発売と同時に読むの迷ってたりとかしたときもあったんですけど。
結局発売と同時に購入しました。

もうすごいスピード感で、何日かかけて読んでやろうと思っていたのに一気に読んでしまいました。
区切りがないから、もうキャラクターたちが駆け出したら止まれないんですよ(笑)

相変わらずテーマは非常に重くて、場面によっては読んでるこっちにも容赦なく刺さってくる言葉がたくさんある。

「無関心」
「善意の押し付け」

私は本が好きで、自由に本が読めなくなったらそれはそれはツライことで、だからこそこの図書隊の方々の奮闘ぶりに感動すら覚えるのだけど、本を読まない人にとっては完全なる他人事なんですよね。
私にとっての「他人事」はスポーツなんです。
だからもしなんらかの問題があって、野球が廃止されたりサッカーが禁止されたりしても、それはお構いなしです。
だから、本に興味がない人がいても、それはそれでいいじゃないかって思ってたんですよ。
でもこれ読んで、そういう話じゃないんだなって。
そんなふうにして片付けちゃいけないことなんだなって。

社会全体を揺るがすような重大問題に、「興味がないから」って無関心でいるのは、自分がやりたいことしかやらない、見たいものしか見ない、っていう自己中で狭い視野しかモノが見れていないコドモのようなものなんだなって思いました。
曲がりなりにも「日本」という社会、「日本国憲法」という庇護の下に生きて、色々なものを享受している以上、「興味ない」って切り捨てていいことじゃないんですよね。
本当に興味がないなら、考えたくないのなら、その人はそのコミュニティの中で利権を主張してはいけない。
テレビの中で起きていることははるか遠くの、自分の世界とは隔絶された世界で起こっていることじゃない。
今まさに、自分の生きているこの世界で起こっている出来事なんですよね。
だから、いつかどこかで自分に必ずつながってくるし、無関心でいた報いを必ず受けることになる。

「考える」「関心を持つ」っていうと、ついしっかりした意見を持ってないといけない、とかって思ってしまうんですが、ちょっと新聞見て、「この政治家の言ってることはなんとなく嫌だな」とか「変わったこと提案してるな」とか思うだけでもいいのかなって思いました。
とにかく、私は色々世間のことに対して無関心すぎるって言うのは前々から感じてたことでもあるので、まず知ることから。「自分の世界」だけで完結しないように気をつけよう、と心から思いました。

カタイ話はここまで。
あとは本編ネタバレの話を書きます(笑)
一応追記にしておきますが、伏字にはしませんので、未読の方はご注意くださいませ。

読了日:2007/11/13



続きを読む ⇒

ラブリーマフラー

2007–11–12 (Mon) 02:21
20071112020306.jpg

マフラーが完成しました!
今季初作品です。
手持ちの巻き物を調べてみたら、ベージュ・グレー・白・寒色トリコロール・・・・と渋い色ばかりで(笑)
顔周りが明るくなるようなぱっとした色のものが一枚欲しかったんで、今年のは可愛くしてみました。

写真ではわかりづらいですけど、
ベースは白いプチポンポンがついているピンクの毛糸で、メリヤス編みしてます。両端の編地は白地ベースに編みこみを。
裏はチェックのウール地をはぎ合わせました。
チェック地オンリーだと寂しいので、片方の端近くにトーションレースで白いラインをいれてみました。
お店で見て、ぱっと思いついたんですけど、やってみたらなかなかよかったんです☆
で、端はポンポンブレードを挟み込んでみました。
フリンジか大きなポンポンをつけるくらいしか思いつかなかったので、お店のディスプレイを見た瞬間「おお、こんな手もあるのか!」って目からウロコ。多分端処理としては一般的なはずなんでしょうけどね(笑)


冬になると必ず編み物するんですが、
毎年何かステップアップしたいなって思っているので、
今年はこれをマスターしよう!っていう技術を一個ずつ試すことにしています。
今年は「編みこみ」。
今度はアームウォーマーを編みたくて、雪柄とか可愛くてステキだなぁーと思い、チャレンジ予定です。



この間立川にオープンした「Sept Mignon]ていうニットカフェに行ってみました。
ステキな毛糸たくさん置いてますし、ケーキセットもリーズナブルでとっても落ち着きました。編み物好きが集まる空間なので、なんとなくほのぼのしてて嬉しかったです。
店員さんもすごく気さくで、ディスプレイされてる物の作り方教えてくれるんです♪どれも簡単なものばっかりだったのでいくつか習ってきちゃいました。

もう通いたいくらい気に入ったんですけど、学校と反対側なんで、休みの日に行かないとなかなかいけなさそうで残念です・・・。
せめて月1回くらいずつ通えたらいいなぁ。

太陽の塔

2007–11–09 (Fri) 11:02
太陽の塔 (新潮文庫) 太陽の塔 (新潮文庫)
森見 登美彦 (2006/05)
新潮社
この商品の詳細を見る
私の大学生活には華がない。もっと言うなら女っけは絶望的にない。しかしそれでいい。かくも偉大なるこの私が、鴨川に等間隔で並ぶカップルのように周囲に自ら自身のアホさ加減を露呈することなどあってはならぬことだからである。したがって、別れた彼女の行動を記録した「水尾さん研究」も、あくまで彼女がどうして私の偉大さに気づかなかったのかを検証するためのものであり、けっして彼女への未練などこれっぽっちもないことをここに明言する。―失恋の痛手を男の妄想とちょっとズレた戦いで乗り越えようとする、もてない・さえない男子大学生の痛快日記物語。
今回紹介文が難しかったです。
この作者特有の文語体で書きたかったんですけど、いかんせん自分に語彙力がなく・・・なんともいえない微妙な文になってしましました・・・。

夜は短し歩けよ乙女」でこの人の文章に馴染んでいたから、これもすんなり読めたんですけど、初めての人はちょっと戸惑うかも。私はこういう雰囲気好きなので、とても楽しく読めました。

飾磨の演説やら、「ゴキブリキューブ」やら、とにかく何もかもがバカバカしいんですよ。(←褒めてます)
昆虫大国となった主人公の部屋の様子ばっかりよく覚えてます。インパクトあったからでしょうね・・・、とんこつに浮いたゴキブリのしたいなんて想像するだけで背筋がゾッとします。
妄想って女のコの専売特許かなって思っていたんですが、そんなこともないみたいですね。むしろ男のほうがずっとすごい妄想してる(笑)

「クリスマスファシズム」の話がとてもタイムリーで面白かったですね。コンビニにクリスマスケーキが押し入っただの、町がイルミネーションで飾られてクリスマスに侵食されようとしているだの、いちいち大げさで笑いました。
今の時期、そういうふうに思っている男子がたくさんいるんでしょうか(笑)

私は今悲しきかなフリーの身ですけど、わりにクリスマスを一人で過ごすのに抵抗はなく、むしろイルミネーション大好きなので、一人でいろんなとこのイルミネーション見に行っちゃったりします。
周りのみんなは「それは寂しすぎる!」って言うんですけど、もうきにしません(笑)
もちろん誰かと見に行けたら行きたいですけどね。

あと京都の描写が多くて、京都が地元の方はとても楽しめそう。
個人的に大阪万博が舞台(京都もちょっとでてきます)の「水曜の朝、午前三時」を読んだばかりだったので、京都のことをまったく知らない私でもなんとなく「京」の独特の雰囲気を満喫することができました。


かるーく読めるので、ちょっと読書欲がないときとかにいい本です。薄いですし。
失恋小説ですけど、切ないとかそういう感じは一切ないです。
読んでてニヤリとできるお話。
この文語体に馴染めるかどうかがこの本を気に入るかどうかの分かれ目ですが、まぁ一度読んでみて損はないと思います。

読了日:2007/10/28

秋合宿

2007–11–06 (Tue) 13:21
10月31日から11月4日にかけて、サークルの秋合宿に行ってきました。
場所は山中湖です☆

31~今日までうちの大学は学祭シーズンでお休みなんです。
決してサボってるわけじゃないですよ!(笑)

12月8日が本番なので、練習もすごく緊迫したムードでした。
やっぱり夜はおなじみのトークで盛り上がったんですけども(笑)

今まで定演って3月にやってたので、もう一ヶ月もすれば本番なんてちょっと信じられない気持ちでいっぱいです(^_^;)
サークルなので週2回しか練習がないうえ、私は空き時間が少なくて練習が十分に取れてない…。
先輩方に迷惑をかけることだけは避けなくちゃ、と正直焦っております。


やっと編み物開始しました。
今年はいっぱい作るつもりなので、シーズン中に使えるようにかんばってます!

今編んでるのは可愛い柄を編みこんだ可愛いマフラーです。
マフラーはたくさんあれども、可愛いマフラーは一つもなく・・・(涙)
まぁ今まで制服に合わせられるものを選んでたからしょうがないんですけど!(と言い訳)
今月の上旬までには編み上げたいなぁー。

そして太陽の塔、読み終えたのに感想アップしてません・・・。
近いうちに必ず。
今、「砂漠」(伊坂幸太郎)読んでるんですけど、なぜだか一向に進まず。
つまらないわけじゃないんですよ、なんか本読む気になれなくて。
今月10日には「図書館革命」が発売されるって言うのにこんな読書ペースじゃ読み終わらないよ!
とりあえずできることから片付けていくことにします。

 | TOP | 

At first

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

管理人の日々のつぶやきと、読んだ本の感想、趣味で作ったハンドメイド小物について綴っています。
更新速度はマイペースですが、情熱が続く限りは続けていくつもりです。よろしくお願いします。

本の感想記事は予告なくネタバレする場合がありますので、未読の方はご注意ください。

初めての方、詳しいことが知りたい方はこちらからお願いします。

Calendar

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

New Entry

Category

New comment

New trackback

Profile

爽

Author:爽
大学生
誕生日:8/13
趣味:読書 アクセサリー作り ショッピング
好きな作家:
有川浩 伊坂幸太郎 桜庭一樹 小路幸也 高楼方子 恒川光太郎 豊島ミホ 梨木香歩 三浦しをん 村山由佳 森見登美彦
好きなモノいろいろ:
りんご 甘いもの 王道 FF7 ドラゴンボール 書道 数学 トロンボーンを吹く 整理整頓 aiko 雑貨屋さんめぐり
得意になりたいこと:
料理全般 カラオケ 語学(特に英語!)車の運転(ナビ含む)

Now reading・・・

Now Reading…
『鍵のない夢を見る』(辻村深月)

Etcetera

ランキングとか同盟とか。

・にほんブログ村
本ブログ
ハンドメイドブログ

0813


Counter

Search

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。