スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水曜の朝、午前三時 蓮見圭一

2007–10–25 (Thu) 12:37
水曜の朝、午前三時 (新潮文庫) 水曜の朝、午前三時 (新潮文庫)
蓮見 圭一 (2005/11)
新潮社
この商品の詳細を見る
もし、あの時、あの人との未来を選んでいたら…。若くしてなくなった翻訳家の四条直美が娘に残した4本のテープ。そこには、彼女が胸に秘めていた、燃えるような恋の軌跡があった。大阪万博を舞台に語られる、激動の告白小説。
しばらく、イタイ・ツライ・コワイ話ばっかり読んでいたので、とりあえず恋愛小説が読みたくて。カバーにかかっていた文に惹かれて、ずっと気になっていた本です。たまたま大学で文庫本がおいてあったので、借りてみました。

とてもレトロな小説です。
っていうのも、舞台になっている時代がちょうど一世代くらい違うからだと思うんですよね。親が読んだら懐かしいって思うんだろうと思います。

だから、その分日本語が綺麗です。
しっとりとした魅力、芯のある言葉。
流行り言葉がない分、すごく落ち着いた感じがありますね。
だから私には古臭い感じがするのだろうけれど…。

本当に好きな人とは、きっと結婚できないのだろうと思います。
運命のいたずらでも、自分の気持ちの上でも。
もちろん、一番好きな人と一緒にいられればそれが一番幸せなのかもしれないですけど。
でも結婚するっていうことはお互いのすべての面をされけださないといけないわけで、それってすごく大変なことで。
愛していれば、嫌な面も受け入れられるのかもしれない。
でも、結婚して10年も20年も一緒にいたら、はじめの頃と同じ気持ちでは愛せないと思うんですよ。
この中でも直美が、「結婚してお互い以外の人間を想わない人はきっといないだろう」と言っています。
それはすごく不誠実に聞こえるかもしれないけれど、私はそれが真実だとおもいます。
一人の人間をずっとずっと熱烈に愛し続けることは、人間の本能的に無理なのではないかと。

これは直美が娘の葉子に向けて録音したテープを、葉子の夫が起こしたもの、という設定なので、多少説教くさい感じがあるかなーと思いますが、でもすごくいい言葉、いいセリフが詰まってます。
特に最後の、内心の訴えに耳を傾けて生きていけ、というメッセージは、誰もがはっとするものなのではないかと。
波乱万丈、胸がきゅんとするような恋愛小説ではないけれど、美しい小説です。
なんとなく初心に帰りたいな、ってときに読むといい話だと思います。

読了日:2007/10/16
スポンサーサイト

空の境界 奈須きのこ

2007–10–23 (Tue) 00:35
空の境界 上  (講談社ノベルス) 空の境界 上 (講談社ノベルス)
奈須 きのこ (2004/06/08)
講談社
この商品の詳細を見る
2年間の昏睡から奇跡的に目覚めた両儀式(りょうぎ しき)は、自身の記憶と引き換えに、「生きているもの」の死を視ることが出来る、「直死の魔眼」を手に入れる。ビルを浮遊する魂、閉じられたアパート、視界に映るあらゆる物を曲げる異端者…特異な能力を身につけた彼女の前に立ちはだかる数多くの怪奇。殺人衝動と一人の少女としての自我の中で葛藤する彼女の向かう先とは。
ライトノベルは久々です。もうずーっと前から気になっていた作品で、やっと読める機会が巡ってきました。

ラノベは西尾維新の戯言シリーズくらいしか読んでないので、まだよくわかってないというのもあるんですが。
うーん、深すぎてよくわからないですね(笑)
面白くないわけじゃないんですけど…なんか、合わない感じです。
難しい…って言うのともちょっと違うんですが。

でも言葉遊びはすごいなって思います。
ラノベの作家ってものすごい語彙力がないとできないですね。


グロテスクなシーンとか、まぁわりと大丈夫なほうなんですが、「殺人考察」の章だけは結構きつかった、です。
家で読んでたからまだよかったものの、これ電車の中で読んでたら絶対酔ってました。
車の中で読書してもけろっとしている私が電車で酔うなんて、ほぼありえないことなので、そういうふうに思うってことは私にとっては相当きつかったのだと思ってください(-_-;)

ただ、「忘却録音」は好きです。グロくないし。
そしてなにより鮮花が大好きなんですよ!
ずいぶんと望みのない恋愛しているとことか結構切ないし、冷静なのにすぐ顔に出たりするのはそのアンバランスさがなんかいいし。
頭の回転速いし、一度喋ってみたいです。

人がどんどん死んで(または消滅して)いく作品ですけど、
最後のテーマ、「人を殺せるのは一生に一度だけ。人の死は一人分しか背負えない」というものに考えさせられました。
人間は死ぬときに、その人生で一度きりの殺人を行うそうです。
自分以外の誰かを殺した人は、自分を殺すことができず、人間として死ねない。
人の命っていうものの重さ。
そしてあらゆる生物の命を奪って生きている人間。
人間はその命を背負って生きているんだと思うと、重さに動けなくなってしまいます。
でも人はその重さを感じていないからこそ、今しっぺ返しが来ているんだと思いますけど…。


いろいろ難しい定義とか理論とか出てきて、ちょっと眠くなりかけましたけど(笑)
でも、読んでみると結構発見があったりするものですね。
ラノベは性に合わないみたいなので、しばらくはまた読まないでしょうけど、いいのがあったらいつかきっとチャレンジするでしょうね~。

読了日:2007/10/13

やりたいことが多すぎて

2007–10–11 (Thu) 01:34
ちょっとバタバタしているうちに10月になってしまいました。
早いなぁ…。

今、学校はそんなに忙しくないんですけど、やりたいことが多すぎて時間がいくらあっても足りないくらい忙しいです。

秋冬は待ちに待ったニットの季節なので、今年の製作予定を立てたり。
所属している書道会の展覧会用に作品を書いたり。
12月にある定演に向けての練習をしたり。
FF7クライシスコアのやりこみプレイを始めたり。(1周目はクリアしました☆エンディング、すごくすごーく切なかったです…)
秋服を買いに行ったり。
↑のことを思う存分やるためにバイト頑張ったり。

もうとにかく寝てる暇も惜しい感じ(笑)
だからせっかくの読書の秋だというのに全く読書が進んでおらず…。
気になる本はすごくいっぱいあるんですけどね。




あーでも、最近落ち込むことがあったので、これくらい忙しいほうが気がまぎれていいかなー、なんて思ったりしています。

本当に泣きたいときって涙が出ないんです、なぜか。
いや、私の場合だけかもしれないんですけど;
それってちょっと心マヒしてるみたいで危ないなぁって思ってて。
だから今の気持ちにあってる本を読んで、本の力を借りてでも思いっきり泣こうかなぁと。

私は基本的に人に相談てものをしない性格で、一人で何でもやろうとするクセがあるんです。
まぁウジウジ悩んだりはしなくて、立ち直りは早いほうなので、今んとこ鬱になったりはしてなんですけど…。
人に相談しないならすっぱりと、人前で落ち込んだりして心配かけるのはやめようっていうのがマイルールだったんですが、もうちょっと周りに頼って、もやもやしたものを吐き出してもいいかなー、って思うようになりました。
だからこういうとこに愚痴ってしまったり(笑)

いい意味で、人に甘えられるようになれるともっといい方向に向かえるのかもしれないなぁと思う今日この頃です。

 | TOP | 

At first

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

管理人の日々のつぶやきと、読んだ本の感想、趣味で作ったハンドメイド小物について綴っています。
更新速度はマイペースですが、情熱が続く限りは続けていくつもりです。よろしくお願いします。

本の感想記事は予告なくネタバレする場合がありますので、未読の方はご注意ください。

初めての方、詳しいことが知りたい方はこちらからお願いします。

Calendar

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

New Entry

Category

New comment

New trackback

Profile

爽

Author:爽
大学生
誕生日:8/13
趣味:読書 アクセサリー作り ショッピング
好きな作家:
有川浩 伊坂幸太郎 桜庭一樹 小路幸也 高楼方子 恒川光太郎 豊島ミホ 梨木香歩 三浦しをん 村山由佳 森見登美彦
好きなモノいろいろ:
りんご 甘いもの 王道 FF7 ドラゴンボール 書道 数学 トロンボーンを吹く 整理整頓 aiko 雑貨屋さんめぐり
得意になりたいこと:
料理全般 カラオケ 語学(特に英語!)車の運転(ナビ含む)

Now reading・・・

Now Reading…
『鍵のない夢を見る』(辻村深月)

Etcetera

ランキングとか同盟とか。

・にほんブログ村
本ブログ
ハンドメイドブログ

0813


Counter

Search

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。