スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千年樹 荻原浩

2007–09–28 (Fri) 01:03
千年樹 千年樹
荻原 浩 (2007/03)
集英社
この商品の詳細を見る
その樹は、すべてを見ていた。
戦渦の中、逃げ惑う一人の少年を。愛する人を待ち続けた女郎を。泣く泣くわが子を流さなければならなかった貧家の嫁を…。果てしない時をその身に刻む大木の前で様々な愛憎のドラマを繰り返す人間の姿を綴った、連作短編集。
「萌芽」「瓶詰めの約束」「梢の呼ぶ声」「蝉鳴くや」「夜鳴き鳥」「郭公の巣」「バァバの石段」「落枝」の8篇。どれも樹齢千年といわれる巨大なくすの木のそばで起きた物語を書いています。

感想なんですが、
とにかく暗い。怖い。後味が悪い。
この怖さはミステリというよりもはやホラーです。
「押入れのちよ」と系統が似てます。
この人の作品てそんなに読んでなくて、私はいまいち作風をつかみきれてないんですが、ホントはもっとユーモラスな面白い文章を書く人らしいですね。
作風が違って賛否両論あるそうですが、私は結構この話好きです。鬱になるくらいのこの重さがなんとも。

中でも1番印象的だったのは「郭公の巣」。
重苦しくつらい話ばかりだった中で、やっと救いの結末が待っているかと思いきや、いきなり底まで突き落とされる。
その奇怪さが、怖くて苦々しくて、思わず叫びそうになりました…。
過去の物語のほうも恐ろしい。極限状態になると、人間一体何をするかわかったもんじゃない。
ま、後味はかなりビターですが、嫌いじゃないです。
そういや連作の中で、この「郭公の巣」の登場人物だけ、今までの登場人物と全く関わりがない気がするんですが…私どこかで見落としているのかな?

あと、「萌芽」。
この木の始まりが描かれているんですが、もう誕生からして悲惨な運命を背負ってきているという感じ。
もしかしたら、時々主人公たちが口走る「この樹に精気を吸い取られているのかも」というのはあながち間違いじゃないかもしれない。
絶望の元に根付いた樹は、周りの人間の幸福を吸い取って千年の時を生きてきたのかも。

「バァバの石段」は唯一明るくてほっとする話。自然で、ありのままの人間の気持ちが書かれていて、重い話ばかりの中でやっと一息つけました。

「梢の呼ぶ声」は怖いというより切ない感じです。
いつの時代も女は愛しい人を待っている。
大きな樹の下でいつ現れるともわからぬ恋人を待ち続ける彼女たちが、とても美しく、そして哀しく映りました。


どの話も樹が出てきて、人間のすぐそばで生きている。
でも温かさもコミカルさも全くない。
それが樹という動かない生物に投影された人間の歴史の重さを物語っている気がする。

読むのには気合がいります。
中には目を背けたくなる話もいくつか。
でも秋の夜長にじっくり読むのはなかなかいいかも知れない一冊だと思います。

読了日:2007/9/23
スポンサーサイト

ビーズリング

2007–09–17 (Mon) 12:48
ビーズリング

ビーズリングを作りました。
写真だとちょっとわかりにくいんですが、パープル系の色です。
私は指が太いのでかなり大きなサイズしか入らないので、基本的に指輪ってあまりしないんですけど…。
でもビーズの指輪はサイズ調整自由自在なので、ちょっと作ってみようかなと。
ちょっとのビーズで作る分、ビーズの質をちょっと上げました。スワロ使ってます。いつもは高いので使いません(笑)

本に書いてあった作り方をアレンジせずにそのまま作りました。
結構はまりそうです(笑)
秋に向けてロマンティックな大振りリングが活躍しそうだし、もう少し作ってみようかなー。


昨日16日は素晴らしく晴れて、めでたく母校の体育祭が決行されました!
体育祭は見る側になっても楽しいです♪
同級生との再会も果たし、とても幸せな気分。
体育祭は午後4時とかに終わったんですけど、高3のときのクラスの仲間と11時くらいまで遊んでました。
その中には浪人のコもいるので、多分もう受験が終わるまでは遊べないんじゃないかって思うので、ちょっと寂しかったです。
早く受かって早く遊ぼうね!

私のほうも20日から後期が始まります…。
夏が終わりって寂しいですね。
でも今年の夏は結構いろんなことできて、有意義に過ごせたと思ってます。
この調子で後期も頑張らなくては!

不朽の名作

2007–09–13 (Thu) 13:25
今日は本の話ではなく、ゲームの話です(笑)

もう少しで「クライシス・コア」の発売です!(ん?今日発売かな?)
FFⅦの大ファンなのでこのゲームは買うことにしていて、発売を心待ちにしています。

FFⅦ自体はもう10年も前のゲームなのに、いまだに支持者がいっぱいいるってすごいですよね。
あんなに暗い話なのに(笑)

というわけで、クライシスが届きしだいやり始めるので、学校も始まるため、読書ペースがかなり落ちそうです…。ちまちま読むつもりではいるんですけどね。
あとたぶんプレイ日記とかの記事が出てくるかも。ネタバレには注意するつもりですが、一応注意書き。

私は確かにFFⅦのファンなんですけど、実はきっかけはゲームをプレイして好きになったわけじゃないんですよ(笑)
なんじゃそりゃって話なんですが、実はネットでFFⅦのノヴェライズを書いてらっしゃる方がいまして、中3くらいにその方のノヴェライズにはまって、結果的にゲームのほうも好きになったみたいな(笑)

ていうかこのゲーム知らない人でも、まっさらなファンタジーとして楽しめると思います。
パソコンで長時間文章を読むのが苦にならない方、長編大好き、重い話どんとこい!な方は楽しめると思います。
アマチュアとは思えないほどの筆力を持った方だと思います。興味のある方は追記にリンクを張っておきますので、覗いてみてはいかがでしょうか。

続きを読む ⇒

近況報告

2007–09–12 (Wed) 13:24
9/6~9/10まで、山中湖に合宿に行ってきました。
ちょうどそのころ関東地方を台風が襲ってきていた時期で、バスの到着が遅れたり、後発の方々が土砂崩れで1日遅れで到着したりと、なかなか波乱万丈な始まり方をしました(笑)
まぁちゃんと無事に行って帰ってこれたのでよかったです。

そんなこんなでここ最近忙しくてろくに本が読めていません。
しばらく「Now Reading」に置いてあった「ウルトラ・ダラー」ですが、ちょっと私には難しくて頓挫してしまいました。
読みきれなかった本は久々です…。また時期を見て読みたいと思います。

そんなわけで今はちゃんと最後まで読めそうな(笑)友人から借りた「空の境界」(奈須きのこ)を読んでます。ラノベなんですが奥深いですよ。
あと「The Human Comedy」という洋書もちびちび読んでます。
ひとつの表現にすごくこだわってしまうタチなので1ページ読むのに恐ろしく時間がかかるのですが、ゆっくり読めたらいいなと思います。


そういえば9/16に母校の体育祭があるんですが、お天気が微妙で少し残念です。
うちの母校の高校の体育祭は1年の中で一番盛り上がる行事で、OBもたくさん見に行くんですね。
で、毎年プチ同窓会みたいなものが開かれるので、ぜひとも晴れてほしい!!
てるてる坊主を作って祈るつもりです(笑)

白夜行 東野圭吾

2007–09–04 (Tue) 10:08
白夜行 白夜行
東野 圭吾 (1999/08)
集英社
この商品の詳細を見る
大阪の廃ビルで、質屋の主人が殺された。捜査線上にはいくつかの容疑者が浮かび上がるものの、結局事件は迷宮入りしてしまった。そして数年後。被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘・唐沢雪穂はそれぞれの道を歩みながら成長していく。しかしかれらの周囲では、常に証拠のない事件が発生して…。人の憎悪・嫌悪・猜疑心…醜い負の感情を根底に書き上げた、東野圭吾の傑作長編。
やっとこさ白夜行読了。いつか読まなきゃと思って丸2年は経ってます。よかった読めて。もはやこの本は名作の域に入りかかってる気がします。

なんともまぁ後味の悪い話だなと思います。
誰も救われない。よく思いますけど、人間は、怖い。

主人公の雪穂と亮司についての話はすべて第三者から語られたもので、彼らの本心を正確に把握できるものは何もない。だからこそ彼らのひそかなる繋がりが際立ち、より恐ろしげな雰囲気をまとわせているように思う。
雪穂と亮司の間にあった感情は果たして愛や恋なのかといえば、それは違うと思います。
暗い過去の共有者としての繋がり以上のものは何もなかったように思う。
亮司が雪穂を守りつづけたのは、そうするしか亮司には道がなかったから。父親の命を自らの手で絶った彼は、もう自ら輝くことができなくなったわけで、それなら雪穂を代わりに、と思ったのかもしれない。
うーん、この辺の解釈は難しいです。

淡々と彼らの生き様が描かれていくんですが、真実―つまり亮司と雪穂がやってきたこと―をややぼかせ気味で書いてあるので、静かな狂気がじわじわとやってきて怖いです。
世の中の1番怖いものは幽霊なんかじゃなく、人の醜い感情なのではないかと思わせる作品。
「幻夜」は白夜行の2部らしいですね。機会があれば読まなくては。

読了日:2007/8/28

ハッピーバースデー 青木和雄

2007–09–03 (Mon) 09:19
ハッピーバースデー―命かがやく瞬間 (ときめき文学館) ハッピーバースデー―命かがやく瞬間 (ときめき文学館)
加藤 美紀、青木 和雄 他 (1998/01)
金の星社
この商品の詳細を見る
「あんたなんか生まなきゃよかった」「おまえ、生まれてこなきゃよかったな」―11歳の誕生日に母と兄からそう言われたあすかは、ショックで声を失ってしまう。もともと内向的だったあすかは声を失ったことでどんどん自分の殻に閉じこもって行ってしまう。そんなときに救いの手を差し伸べてくれたのは、離れて暮らす祖父母だった…。あすか、母の静代、兄の直人。心に傷を負った彼らは、どうやって立ち直っていくのか。
久々の過去の本のアップ。
昔読んだ本なので、今はこっちを知っている人が多いかも↓happy birthday
これは2005年に加筆修正されたもので、結構内容が増えてます。買って持っているのは新しいほうなんですが、こっちはざっと流し読みしかしてません…。とりあえず古いほうの感想を書きます。

読んだのは中学生のときなんですが、それはもう泣きましたね。
リビングで読んでたらボロボロ泣いちゃって、家族にすごい心配されました(^_^;)
人によってはきれいごとすぎる、上手く行きすぎるって思う方もいるかもしれないです。でも私は前半のあすかがかわいそうすぎたので、何とか幸せになってほしくて、そんなふうには思わなかったです。

前半では、母の静代は私の中では完全に悪者だったのですが、後半に進むにつれて、彼女もまた小さな頃から心に深い傷を負っているというのがわかってきてからは、だいぶ彼女のことも受け入れられるようになりました。

兄の直人が両親から自立する姿を見ていると、これが本来の直人の姿なんだなって思います。彼はあの家族のなかで1番大人のような気がする。

あすかが祖父母の元から帰ってきてからは、家族の中の話から、クラスの中のいじめ問題についての話になります。
あんなに内向的だったあすかの成長ぶりに素直に感動しますし、いじめのほかにもいろいろ深く考えさせられます。

もとは児童書なので、中学生くらいが1番読み時だとは思います(それくらいなら素直に感動できますし)。でももちろんどの年代が読んでもいい話なので、機会があれば読んでほしい作品です。

読了日:2002(日付不明)

熱海旅行記

2007–09–02 (Sun) 09:38
ご無沙汰しております。
8月後半予定が立て込んでまして、本も読んでなければ更新もできず…。やっと落ち着いた今日この頃。

8/30・31と、高校の部活の仲間と一緒に熱海に旅行に行ってきました!
女の子が14人いて、今回の旅行は12人の参加。すごい出席率です(笑)そして軽く団体さんです(笑)
このメンバーは本当に仲良しで、普通女子が12人もいたら、3つくらいのグループに分かれてしまうものだと思うんですが、それがないんです。みんな誰とでも仲良し。
それって結構すばらしいことだと思うんです。だからこんなに大人数で行っても疲れないです☆
来年は全員で行こうね!と約束しております(笑)

久々のメンバーだったので、熱海に行くことより、みんなで集まることがメインの旅行でした。そんなわけで誰もガイドブックすら読んでこないノープラン旅行(笑)それでも何とかなってしまうところがすごい(笑)
20070903092655.jpg
これは駅近くの甘味処で食べた白玉あんみつ。おいしかったー♪和菓子大好きなんです!
駅のすぐそばに足湯があって、そこで12人並んで足湯につかりました(大迷惑!!)
結構熱いお湯だったので、引き上げたときはつかってたとこだけ真っ赤になってまるでレギンス焼けをしたかのよう(笑)
その写真も撮ったんですけど、さすがにアップはできないなー。


20070903092712.jpg

20070903092726.jpg
熱海の絶景と熱海城。結構かっこいい!でも入城料とられるんで外から見ただけ(笑)
縁結び神社の伊豆山神社にも行きました。引いたおみくじは吉。…びみょー(笑)

夜は女のコトーク炸裂!
結婚とか恋愛ネタとか話してたら午前4時をまわってました。
でもほぼ全員起きてました。すご!
もはやこれが目的かもしれないくらいに語った(笑)
すっごい楽しかったですー。

お天気は曇りでやや寒かったけど、熱海結構栄えてて素敵ですよ☆
ぜひ一度行ってみてくださいー(*^_^*)

 | TOP | 

At first

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

管理人の日々のつぶやきと、読んだ本の感想、趣味で作ったハンドメイド小物について綴っています。
更新速度はマイペースですが、情熱が続く限りは続けていくつもりです。よろしくお願いします。

本の感想記事は予告なくネタバレする場合がありますので、未読の方はご注意ください。

初めての方、詳しいことが知りたい方はこちらからお願いします。

Calendar

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

New Entry

Category

New comment

New trackback

Profile

爽

Author:爽
大学生
誕生日:8/13
趣味:読書 アクセサリー作り ショッピング
好きな作家:
有川浩 伊坂幸太郎 桜庭一樹 小路幸也 高楼方子 恒川光太郎 豊島ミホ 梨木香歩 三浦しをん 村山由佳 森見登美彦
好きなモノいろいろ:
りんご 甘いもの 王道 FF7 ドラゴンボール 書道 数学 トロンボーンを吹く 整理整頓 aiko 雑貨屋さんめぐり
得意になりたいこと:
料理全般 カラオケ 語学(特に英語!)車の運転(ナビ含む)

Now reading・・・

Now Reading…
『鍵のない夢を見る』(辻村深月)

Etcetera

ランキングとか同盟とか。

・にほんブログ村
本ブログ
ハンドメイドブログ

0813


Counter

Search

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。