スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沼地のある森を抜けて 梨木香歩

2008–03–04 (Tue) 10:27
沼地のある森を抜けて沼地のある森を抜けて
(2005/08/30)
梨木 香歩

商品詳細を見る
若くして亡くなった叔母の持っていたぬか床。それは上淵家の家宝といわれ、上淵の女たちは代々それを引き継いで世話をしていたのだという。渋々その家宝の世話をすることになった久美だが、そのぬか床の不思議なことといったら、筆舌に尽くし難い。呻き、卵を孕み、人を産む。うちのぬか床で、一体何が起こっているのだ・・・?生物とは一体何なのか問いかける、梨木香歩の新境地。

梨木香歩はいくつか読んだことがあって、どの話もノスタルジックで異国の情緒溢れる穏やかさを感じていたのですが、今回は薄ら寒さを覚えました。

結構難しくて、理解するのに時間がかかりました。
なんで人がぬか床から生まれてくるのか、とか。
途中で挟まれるシマの物語は久美たちと繋がるのか、とか。
最後に大体はわかるんだけど、それを飲み込むのが難しかった。
わかりそうでわからない、モヤモヤした感じ。

自分という存在をしっかり確信できるかといわれて、即答できるのか。
今までならもしかしたら「できる」と言っていたかもしれない。

でも遺伝子レベル・菌レベルでの話をされると、もう自分は「個」人ではなくなる。
私の中には数え切れないほどの細胞という「個」があり、私はこの場合「個」ではなく「全」になる。
私の中枢に「脳」というものがあるのと同じように、細胞一つひとつにも「核」という中枢が存在する。
だから、細胞一つひとつにも私と同じ「意思」があり、私の体の中には何億という別個の意思が蠢いているのではないかと思ってしまった。
だから、「私」という個人の存在を確信できるかといわれても、それはどだい無理な話なのだ。
「私」は「個」人ではないのだから。

シマの話を読んでるとですね、もしかしたら逆に私達のほうが何かの構成物質なのではないかとも思えてきます。
シマで日常を生きる「僕」は私は遺伝子とかそういうのだと解釈したので、同じように生きる私達もそうなのかもしれない、とか。

「個」っていうのは、なにをもってして「個」と確信できるのか、わからなくなってきました。


梨木さんの本はいつも沸点が低い感じです。
盛り上がるけれども、その頂点が低い。
ざわざわと囁くような。
恋愛とか、家族とか、そういう温かいはずのものが普通の温度より2,3度低いなって思います。

梨木さんはりかさんシリーズ(勝手に命名)を制覇したいなー。
からくりからくさ、早く読もう。

読了日:2008/2/28
スポンサーサイト

裏庭 梨木香歩

2007–05–23 (Wed) 21:09
裏庭 裏庭
梨木 香歩 (2000/12)
新潮社
この商品の詳細を見る

丘の麓のバーンズ屋敷に何か秘密があることは、当時その辺りの子どもなら誰でも知っていた。
不思議に満ちたその屋敷の中に足を踏み入れた照美は、あることがきっかけでその屋敷の秘密―「裏庭」に入ってしまう。そこで照美が見たものとは?日本と異国、生と死、現世と異世界・・・様々な要素の絡まりを解いた先で待っていたものとは、一体なんなのか?少女の心の中を描いた長編ファンタジー。
少女の残酷さっていうものは、本当に恐ろしい。
可憐で繊細な少女たちの内面に隠されている、その破壊衝動のようなものは、同年代の少年たちのそれとは、くらべものにならないくらいすさまじいと、私は思います。

梨木さんの本はこれでやっと3冊目です。(読了本:西の魔女が死んだ・りかさん)
今まで読んだ中では、いつも主人公の女の子は、自分の両親よりも祖父・祖母(あるいはそれに近い年齢の老人)との関係が深いですね。親子の絆の薄さが出すせつなさ・痛さが、梨木ワールドの根幹をなす気がします。
私はこの独特の空気感がほんとに好きです。胸の奥底に響いてくるっていうか、読後もしばらくはその本の中の空気に漂っていられるような、そんな気がします。

テルミィの中にあった底知れぬ負の感情は、決して彼女だけじゃなく、ほかの誰にも当てはまるものだと思います。
誰しも、心の中に恐ろしい怪物を飼っているということを、今改めて感じました。

怪物が行なった残酷な行為が、頭から離れません。
あのシーンが一番強烈でした。ほんとに背筋がゾッとしました。私の手にも感覚が残っているような気がして、怖かったです。
でも、だからこそ一番惹かれる場面です。
あぁー、自分のネガティブさがわかってしまう(苦笑)

なんか私はこういうゾッとする、言いようのない怖さに無条件に惹かれてしまうのかもしれないです。
マイ・バイブル「時計坂の家」だってそういう怖さに惹かれているわけですから。

この本は、繊細でした。一歩間違うと壊してしまいそう。
でも、その中で生きる、たくましさがありました。
読後は、余韻に浸りたくなること間違いなし、ですよ!

読了:2007/5/21

 | TOP | 

At first

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

管理人の日々のつぶやきと、読んだ本の感想、趣味で作ったハンドメイド小物について綴っています。
更新速度はマイペースですが、情熱が続く限りは続けていくつもりです。よろしくお願いします。

本の感想記事は予告なくネタバレする場合がありますので、未読の方はご注意ください。

初めての方、詳しいことが知りたい方はこちらからお願いします。

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

New Entry

Category

New comment

New trackback

Profile

爽

Author:爽
大学生
誕生日:8/13
趣味:読書 アクセサリー作り ショッピング
好きな作家:
有川浩 伊坂幸太郎 桜庭一樹 小路幸也 高楼方子 恒川光太郎 豊島ミホ 梨木香歩 三浦しをん 村山由佳 森見登美彦
好きなモノいろいろ:
りんご 甘いもの 王道 FF7 ドラゴンボール 書道 数学 トロンボーンを吹く 整理整頓 aiko 雑貨屋さんめぐり
得意になりたいこと:
料理全般 カラオケ 語学(特に英語!)車の運転(ナビ含む)

Now reading・・・

Now Reading…
『鍵のない夢を見る』(辻村深月)

Etcetera

ランキングとか同盟とか。

・にほんブログ村
本ブログ
ハンドメイドブログ

0813


Counter

Search

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。