スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族八景 筒井康隆

2009–04–13 (Mon) 23:55
家族八景 (新潮文庫)家族八景 (新潮文庫)
(1975/02)
筒井 康隆

商品詳細を見る
住み込みのお手伝いをしている火田七瀬。一見普通の少女に見える七瀬だが、幸か不幸か、彼女には人の心を読み取るテレパスの能力が備わっていた。「虚構の家庭」から、人間の心の弱さや奥深さをあぶりだす、連作短編集。


「無風地帯」「澱の呪縛」「青春賛歌」「水蜜桃」「紅蓮菩薩」「芝生は緑」「日曜画家」「亡母渇仰」の8編。基本的にどれも薄気味悪いオーラが漂っています。

しかし、私にとってはなかなか好みの作品でした。
人間の黒い部分を美化せずに読めるというのはすごく面白いと思うし、それこそ小説の醍醐味ではないかと思うのです。

それぞれの短編に1つ(もしくは2つ)の家庭が出てきますが、良くも悪くも外と中がマッチした人っていなかった気がします(笑)
「青春賛歌」は、わりとマッチしていたほうかなとは思いますが。

七瀬は18~20歳、ちょうど私と同じ位の歳だったのですが、人の心を見すぎてしまったためか精神年齢は実年齢より相当上の印象を受けました。
そういや、七瀬と同じくらいの歳の女の子との絡みがなかった気がします。
同年代の心が見えてしまうというのはどうなんだろう。
少女ならではの残酷さが、はたして七瀬を通したらどんなふうに映るのか、見てみたかったです。


しかし、どの家庭も全然温かみがないというか、まさに「虚構」だったのですが、途中から家の人より七瀬のほうが怖く感じました。
「水蜜桃」では一家の主を狂人へと追い込み、
「紅蓮菩薩」では夫人の怒りを利用して追い詰め、
「芝生は緑」では2つの夫婦のすれ違いを利用して、興味本位で「実験」を始めたり…。
上ふたつは自己防衛も兼ねているから、まだ考えられなくはないですが、
最後のは七瀬の「遊び」みたいなものだなと…。
「日曜画家」で、自分以外の人間を見下す夫に嫌悪感を抱いているけど、
七瀬のほうも自分以外をきちんと人間扱いしていないように思えてしまう。

まぁ…実際人の心の中がどんどん流れ込んできてしまったら、
こんな風になるのもしょうがないのかもしれません。ね。

「亡母渇仰」、最後の数ページに圧倒されました。
もしもたびたびこのようなことが起こっているのなら。
現代でいろんな死者の執念が残ってしまうのもわかる気がする…。


色々と興味深い話でした。
続編も読みます^^

読了日:2009/4/5
スポンサーサイト

 | TOP | 

At first

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

管理人の日々のつぶやきと、読んだ本の感想、趣味で作ったハンドメイド小物について綴っています。
更新速度はマイペースですが、情熱が続く限りは続けていくつもりです。よろしくお願いします。

本の感想記事は予告なくネタバレする場合がありますので、未読の方はご注意ください。

初めての方、詳しいことが知りたい方はこちらからお願いします。

Calendar

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

New Entry

Category

New comment

New trackback

Profile

爽

Author:爽
大学生
誕生日:8/13
趣味:読書 アクセサリー作り ショッピング
好きな作家:
有川浩 伊坂幸太郎 桜庭一樹 小路幸也 高楼方子 恒川光太郎 豊島ミホ 梨木香歩 三浦しをん 村山由佳 森見登美彦
好きなモノいろいろ:
りんご 甘いもの 王道 FF7 ドラゴンボール 書道 数学 トロンボーンを吹く 整理整頓 aiko 雑貨屋さんめぐり
得意になりたいこと:
料理全般 カラオケ 語学(特に英語!)車の運転(ナビ含む)

Now reading・・・

Now Reading…
『鍵のない夢を見る』(辻村深月)

Etcetera

ランキングとか同盟とか。

・にほんブログ村
本ブログ
ハンドメイドブログ

0813


Counter

Search

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。