スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百瀬、こっちをむいて。 中田永一

2009–04–06 (Mon) 16:00
百瀬、こっちを向いて。百瀬、こっちを向いて。
(2008/05/10)
中田 永一

商品詳細を見る
人間レベル2。そんな教室の隅にいる人間が、こんな厄介ごとに巻き込まれるハメになろうとは。(「百瀬、こっちを向いて。」)五年後に目を覚ましたら、私の世界は一変していた。(「なみうちぎわ」)先生の声は、芯が通っていて、まっすぐだ。まるで飛行機雲のように。(「キャベツ畑に彼の声」)私は毎朝化粧する。この人目を引く顔を隠すために。(「小梅が通る」)甘くて、ふわりとしていて、それでいて慎ましやかな、恋愛短編集。


なんか、恋愛小説が読みたくて予約していた本だった気がする。
わりと温度が低めの短編集だったかな。
この真っ白な装丁と、扉の真っ黒さのコントラストが素敵でした。

「百瀬、こっちを向いて。」「なみうちぎわ」「キャベツ畑に彼の声」「小梅が通る」の4編。
後半2編が好きかな。
少女マンガ的華やかさはないんだけど、道端に咲く小さな可愛らしい花のような慎ましさがあります。
スミレみたいっていうのが一番しっくりくるかなー。
乙女っていうか、可憐?
キスすらしてなかった気がします。
最近読んだ恋愛小説では普通にもっと先までどんどん進んでいくので、このおとなしさは逆に新鮮だな。

非常に静謐で、物語の中に浸かっているのが心地よい感じでした。
文面のひらがなの多さで、やわらかい印象を持ったのかもな。
あとは全体的に、最後はちょっとした意外性が隠れる話たちだった気がします。

うん、素敵だった^^

読了日:2009/3/30
スポンサーサイト

 | TOP | 

At first

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

管理人の日々のつぶやきと、読んだ本の感想、趣味で作ったハンドメイド小物について綴っています。
更新速度はマイペースですが、情熱が続く限りは続けていくつもりです。よろしくお願いします。

本の感想記事は予告なくネタバレする場合がありますので、未読の方はご注意ください。

初めての方、詳しいことが知りたい方はこちらからお願いします。

Calendar

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

New Entry

Category

New comment

New trackback

Profile

爽

Author:爽
大学生
誕生日:8/13
趣味:読書 アクセサリー作り ショッピング
好きな作家:
有川浩 伊坂幸太郎 桜庭一樹 小路幸也 高楼方子 恒川光太郎 豊島ミホ 梨木香歩 三浦しをん 村山由佳 森見登美彦
好きなモノいろいろ:
りんご 甘いもの 王道 FF7 ドラゴンボール 書道 数学 トロンボーンを吹く 整理整頓 aiko 雑貨屋さんめぐり
得意になりたいこと:
料理全般 カラオケ 語学(特に英語!)車の運転(ナビ含む)

Now reading・・・

Now Reading…
『鍵のない夢を見る』(辻村深月)

Etcetera

ランキングとか同盟とか。

・にほんブログ村
本ブログ
ハンドメイドブログ

0813


Counter

Search

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。