スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜行観覧車 湊かなえ

2011–02–16 (Wed) 12:05
夜行観覧車夜行観覧車
(2010/06/02)
湊 かなえ

商品詳細を見る
高級住宅街ひばりヶ丘に住む遠藤真弓は、隣に住む絵に描いたような完璧な高橋家への劣等感と、娘の彩花の癇癪に耐えながら、毎日を平穏に終わらせることに全神経を傾けていた。しかしその隣家にて殺人事件が起こる。しかも妻が夫を殴り殺したという。幸せな家庭だったはずの高橋家に何が起こったのだろうか?憎悪と苦しさの渦巻く家庭小説。



『告白』を読んだときに感じたあの気持ち悪さとか、狂気をまた思い出した。
この人、ほんとに嫌な話を書くのが得意ですよね!笑

「遠藤家」「高橋家」「小島さと子」のパートがぐるぐる巡りつつ、最後は「ひばりヶ丘」に収束します。

どの人もなんかおかしい、って思うのは『告白』のとき感じた違和感そのままなんだけど、『告白』よりは自分と共感できる部分が多かった。
ほんとは、共感したくない。
全然別の世界の人の話だと思いたいのだけど、そうさせてもらえない。
自分の中にも、こういう狂気を生み出す何かが埋まっているのかと思うと、恐ろしくなるのです。

もうどこから何が間違っているのかわからない。
ここに出てくる人、みんながみんな、自分が被害者だって思ってる。
もしかしたらそれが一番の問題なのかもしれないけど、そういう風に思うととたんに色々回らなくなるんだな。
自分が被害者だって思ってるから、ひどいことを言っても、やっても許されると思ってる。
それっておかしいと思うのだけど、自分がそうならない保証も自信もない。


彩花についてはすっごいイライラして、ふざけんな!いいかげんにしろ!って何度も何度も思った。
でも、たぶん親の真弓も含めて、こういう親子って社会にいっぱいいるのではないかと思う。
それって、怖いな。って。


学歴の話がたくさんでてきてうんざりした。
私は大学行かせてもらってるから、そういう学歴コンプレックスみたいなものにはニブイのかも知れないけど、学力が抜群によくても、ほんとに意味ないと思うんだ。
就活で、それは実感した。
世間的にすごく認められている大学の人と討論したりする機会が何度かあったけど、学歴に捉われすぎててひいてしまったことがありました。
学力があったほうが選択肢は広がると思う。
それはとても大切なことだけど、でもそれだけ。
学歴は道具であって、本質ではない。

でも学歴重視の社会はまだまだ続くんだろうな。
わかりやすい指標だから、しょうがないのかもしれないけど。


読むのに色々体力使いましたが面白かったです。
この陰鬱な感じが、湊かなえ!って感じで。
最後はまだ希望のあるラストでした。
これはこれでいいけど、個人的には毎回一切の救いがなくてもいいんじゃないかとも思います。
潔くて。


読了日:2010/7/16
スポンサーサイト

告白 湊かなえ

2009–02–12 (Thu) 20:45
告白告白
(2008/08/05)
湊 かなえ

商品詳細を見る
私の娘は、このクラスの生徒に殺されました―。1年B組の終業式の日、辞職の挨拶を始めた担任教師の口から、衝撃の真実が語られる。人の命の重さとは?復讐は、許されるのか?感情を抑えた教師の口調に、ぞわぞわと寒気が走る、サスペンス小説。


「聖職者」「殉教者」「慈愛者」「求道者」「信奉者」「伝道者」の6章から成る連作短編チックな長編小説です。

んむ…この人、これがデビュー作らしいですね。
なんかすごいの出して来るなぁ…いきなり。
TVとかいろんなところで話題になっていて、期待しすぎると落胆するのでなるべく気持ちをニュートラルにして読んだんですが、それでもこれはなかなかの衝撃でした。
基本的に、ブラック好きなんですよ。

「聖職者」のインパクトが強すぎて、それを引きずったまま残りの5章を読むことになりました。
担任教師の、一言一言に、怨念がこもってるんですよ。
憎悪とか、悔しさとかいうレベルを超えている気がします。
この人が目の前にいて喋っていたら、その言葉のひとつひとつから、まがまがしい怨念が実際に感じとれるのではないかと思う。
それくらい、怖かった。

始め、口語体でずーっと話が進んでいくのでちょっとイラッとしましたが、10ページ越える頃にはすっかりなれました。
ああいう喋り方されるとムカッと来るほうなんですが、もうその後の話が衝撃的過ぎて気にしてる場合じゃなくなりました(-_-;)

こう、一見遠回りしているようで、最後にはきちんとひとつの点に収束していく感じ、すきなのだけど、今回は全然すっきり感がなかったorz
この後味の悪さ、最悪です。
今まで読んだものの中で一番かも。
でも、逆にここまでやってくれないとダメだと思う。
中途半端に救いなんか残されても、逆に困る。
やるなら、これくらい徹底的に。

うーん、なんかこの中の人たちって、人間の本質が自分とは全く違う気がする。
常識が通じないよりもっとタチ悪い。
世の中には、こういう人が多くなってるのかな…。

読んでいて、すごく疲れました。
一気に読まないと、なんか気持ち悪くなる気がします。
久々に、続きが気になる本でした。
内容が内容だけに、なんか好き!って言えない感じなんですけど…こういうブラックな感じ、好みです。

読了日:2009/1/16

 | TOP | 

At first

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

管理人の日々のつぶやきと、読んだ本の感想、趣味で作ったハンドメイド小物について綴っています。
更新速度はマイペースですが、情熱が続く限りは続けていくつもりです。よろしくお願いします。

本の感想記事は予告なくネタバレする場合がありますので、未読の方はご注意ください。

初めての方、詳しいことが知りたい方はこちらからお願いします。

Calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

New Entry

Category

New comment

New trackback

Profile

爽

Author:爽
大学生
誕生日:8/13
趣味:読書 アクセサリー作り ショッピング
好きな作家:
有川浩 伊坂幸太郎 桜庭一樹 小路幸也 高楼方子 恒川光太郎 豊島ミホ 梨木香歩 三浦しをん 村山由佳 森見登美彦
好きなモノいろいろ:
りんご 甘いもの 王道 FF7 ドラゴンボール 書道 数学 トロンボーンを吹く 整理整頓 aiko 雑貨屋さんめぐり
得意になりたいこと:
料理全般 カラオケ 語学(特に英語!)車の運転(ナビ含む)

Now reading・・・

Now Reading…
『鍵のない夢を見る』(辻村深月)

Etcetera

ランキングとか同盟とか。

・にほんブログ村
本ブログ
ハンドメイドブログ

0813


Counter

Search

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。