スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブル・ジョーカー 柳広司

2010–07–01 (Thu) 13:31
ダブル・ジョーカーダブル・ジョーカー
(2009/08/25)
柳 広司

商品詳細を見る
戦時中、日本の陸軍には「D機関」なるスパイ養成機関があったという。己の存在を消し、ただひたすら任務を全うすることだけを目的として生きる彼らは、人の裏を読み、二手三手先を行く。恐ろしいまでの冷徹さと英知を兼ね備えたスパイたちの生き様を描いた連作短編集。


「ダブル・ジョーカー」「蠅の王」「仏印作戦」「柩」「ブラックバード」の5編。
今回はD機関を内部からではなく外部から描いています。

個人的に一番すきなのは「柩」。
『ジョーカー・ゲーム』の時にはあまり前線に出ないで黒幕的に指令を送る立場だった結城中佐ですが、「柩」ではその結城中佐の現役時代の凄まじさを感じることができます。
うーん…この人、人間離れしてる。
心情的な面というより、なんか物理的に。
人間に不可能な動きしてる気がするんですが。


なんか最初はみんなD機関のこと侮ってるんですけど、たいがいいつも足元すくわれるんですよね。
それがスパイの本領って感じがして、恐ろしくも面白かったです。

『ジョーカー・ゲーム』のときは、どんなどんでん返しが来るかはわからないまでも、どんでん返しがくる、っていう展開が予測できちゃってて、途中すこし飽きた部分もあったんですが、これは飽きなかったです。D機関の人間は誰だろ?って思いながら読むのは意外に楽しかった^^


なんかこんなの読んでると、自分の周りにスパイがいたらどうしようとかいうムダな心配をしてしまうw
絶対に見抜けないと思うんだけど、いざって時にはどこかに行ってしまう。
すごく愛した人かもしれないし、信頼できる友人かもしれない。
そんな人が自分を利用していただけ、なんて知ったら、もう誰にも何も話せなくなる。


そういやスパイに女性はいないんでしょうか。
舞台が戦時中だし、男女格差の問題もあるし、軍の話だし、女性を出すのは無理かもしれませんが、これだけ反発を押し切っている結城中佐ならやりそうなもんだけど、とか思って読んでました。


この人たちの幽霊のような存在感のなさと、ものすごく強い自負心は、完璧でありながらどこかさびしい気もします。
いくら完璧であって、すごい人間だったとしても、何も残らない。
それはすごく切ないことなのではないかと思う。


読了日:2009/10/24
スポンサーサイト

ジョーカー・ゲーム 柳広司

2009–01–30 (Fri) 09:44
ジョーカー・ゲームジョーカー・ゲーム
(2008/08/29)
柳 広司

商品詳細を見る
「D機関」―それは陸軍内に設立されたスパイ養成学校だった。この機関の頂点に立つのは、敵に捕まって拷問されても、命からがら逃げ延び、いまなおスパイの間で恐れられている存在・結城中佐である。彼の手によって、次世代を担う”異端者”たちが輩出されていく…。常人離れした彼らの「諜報活動」をスタイリッシュに描く連作短編集。


「ジョーカー・ゲーム」「幽霊(ゴースト)」「ロビンソン」「魔都」「XX(ダブルクロス)」の5篇。
色んなブロガーさんたちが読んでいて、このミスでも2位とかだったので、ミーハー的に読みました(笑)
ちょうど読んでいた「星を継ぐもの」が一向に進まず、疲れてきたので中休み的にさっと読めるかなって。たぶん本屋で見かけただけなら手に取らないタイプの本だと思います。
あ、「星を継ぐもの」もゆーっくり読んでます(笑)最後がすごく面白いってコトなので、なんとしてでもたどり着こうとは思ってます。

ザ・裏社会って感じの本でした。
ギャンブル・ドラッグ・拷問・脅しなどなど、ふだんの生活とはかけ離れたものばっかりだったので、すごく客観的に読みました。
ていうかスパイたち常人離れしすぎで共感できない(^_^;)

結城中佐の存在感が凄まじいです。
どの話も、結城中佐がメインの話はなかったのに、どの話でもすごいオーラを放っている。
どのスパイも常人離れしてるけど、この人だけは人間離れしてます。
1作でも、結城中佐メインの話が読みたかったなぁ。

結城中佐の教え(命令?)って結構私たちからすれば無理難題って感じものばかりなのですが、ひとつだけ、「自分の目で世界を見ろ」というものだけは私たちにも当てはまるものかなと思いました。
どんな人にとっても、これは大事なことかな、と。

全編ワクワクと読ませてもらいましたが、完全にオチはわからずとも、話の着地点がわかるものが多かったかなー。
いつもは着地点がわかっていたほうが安心できていいんですが、こういう話は意外性が肝だと思うので、予想できちゃうと面白さ30%カットな感じがします。
しかしサスペンスな感じはとても満喫できました☆


読了日:2009/1/7

 | TOP | 

At first

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

管理人の日々のつぶやきと、読んだ本の感想、趣味で作ったハンドメイド小物について綴っています。
更新速度はマイペースですが、情熱が続く限りは続けていくつもりです。よろしくお願いします。

本の感想記事は予告なくネタバレする場合がありますので、未読の方はご注意ください。

初めての方、詳しいことが知りたい方はこちらからお願いします。

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

New Entry

Category

New comment

New trackback

Profile

爽

Author:爽
大学生
誕生日:8/13
趣味:読書 アクセサリー作り ショッピング
好きな作家:
有川浩 伊坂幸太郎 桜庭一樹 小路幸也 高楼方子 恒川光太郎 豊島ミホ 梨木香歩 三浦しをん 村山由佳 森見登美彦
好きなモノいろいろ:
りんご 甘いもの 王道 FF7 ドラゴンボール 書道 数学 トロンボーンを吹く 整理整頓 aiko 雑貨屋さんめぐり
得意になりたいこと:
料理全般 カラオケ 語学(特に英語!)車の運転(ナビ含む)

Now reading・・・

Now Reading…
『鍵のない夢を見る』(辻村深月)

Etcetera

ランキングとか同盟とか。

・にほんブログ村
本ブログ
ハンドメイドブログ

0813


Counter

Search

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。