スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたの呼吸が止まるまで 島本理生

2008–07–15 (Tue) 01:54
あなたの呼吸が止まるまであなたの呼吸が止まるまで
(2007/08)
島本 理生

商品詳細を見る
「私はあなたを逃がさない」―父子家庭で育ち、母に捨てられたという傷を抱えながらも、一歩一歩大人に近づいていく、野宮朔、12歳。そんな彼女にふりかかる、理不尽な運命。そのとき彼女がとった行動とは…。


「重い話」って聞いてたので、それなりに覚悟して読んでたら、案外するするーっとあっという間に読めてしまった。なんか、わりにさらっとしてたかも。重い小説はこの間の本屋大賞候補作で読みまくったから、耐性がついてきたか?(笑)

朔はいろんなとこで大人びてるって書いてあるんですけど、私はその部分より、やっぱりまだたくさん残っている不安定な部分のほうが目立って、そこまで大人だなーとは思わなかったです。

「子供だからなんの責任もないと言われるのは、子供のうちは責任がなくてもふりかかる不幸をあきらめろというのというのと同じことじゃないだろうか」
ってセリフが印象的でした。
なんだろ、まわりに大人はたくさんいるけど、朔は誰にも「守られている」っていう実感を得られなかったのかな、と。このセリフって、「ふりかかる不幸」を身をもって体験しないと絶対出てこないセリフだと思うんです。
普通この年頃って、親を筆頭に、周りの大人たちが盾になって「ふりかかる不幸」から守ってくれているんだと思うんですけど、朔にはその盾がなかったということなんですよね。
母親は出て行って、頼みの綱の父親も、朔に甘えている。
大人に、特に親に振り回される子供が一番辛いと思います。
だって、結局親を心の底から憎むことはできないから。
子供にとって親って、やっぱりどんなに冷たくされても、自分への愛情を求めてしまう存在だと思うので…。
そして、親になるということがどういうことか、まだはっきりとはわからないのですが、少なくとも子供に寄りかかるような親にはなりたくないと思います。

うーん、大人になるってどういうことかなぁ。
子供のときに見えてたものが絶対見えなくなる気がする。
子供のときは当たり前だったいろんな気持ちを、捨てていくんだろうな。
中学生のころとか、早く大人になりたいって思ってたんですけど。
最近は大人になるのが怖いです。
20歳もあと1ヶ月後まで迫ってきて、焦りばかり増してきます。

最後の朔の決意は、なんかもうやりきれない感じ。
たった12歳の少女が、いや12歳だからこそなんですけど、その後の道を縛るような決意をしてしまうまで追い詰められる姿が、痛々しかった。
ううーん、もやもやが残る。

読了日:2008/6/10
スポンサーサイト

クローバー 島本理生

2008–05–11 (Sun) 14:21
クローバークローバー
(2007/11)
島本 理生

商品詳細を見る
現在大学生の僕・冬冶は、双子の姉・華子と二人暮らしだ。常に男がそばに居て、きらきらと着飾り、あっけらかんとした華子に比べ、根気はあるが地味で主体性のない冬冶。憎まれ口ばかり叩いているが、かけがえのない絆で結ばれている二人。目の前に立ちはだかる色々な障害を、真正面から受け止めていく、彼らの爽やかな物語。

島本理生は2年ぶりくらい…?「ナラタージュ」が話題になったころにちょいちょい読んだくらいで、後はさっぱり…。去年結構色々出してて、読みたいと思いつつ手付かずになってました。
ていうか「あなたの呼吸が止まるまで」が読みたいんだけど、借りれなくてね…。代わり(?)にこれ。

島本作品て、すごい独特のワールドがある。
どんな感じ、といわれても説明できないけど、まああえて言うなら「やわらかいかんじ」。
淡々としてるのとはちょっと違って、まるいかんじ、というか。
多分題名も作者名もなくて、原稿だけ見ても分かるんじゃないかな?

双子って不思議な関係だと思う。
大概兄弟が居ても年離れてるし、顔も違う、全く別人だけど、双子は「自分とほんの少しだけ違う他人」程度。
その年齢分、容姿の違い分の「距離感」の具合が、双子だと限りなくゼロに近い。
人との「距離感」がないって、どんな感じなんだろう。
個人的には、「家族」以上の絆、「兄弟」という枠を越えた存在なのかな、と。
実際のとこ、どうなのか分からないけど。
そしてそれは、私はちょっと苦しくなる気がする。

あと、普段は読んでてもあんまり思わないんだけど、小説家ってすごいなと。
「服装は環境の一部だって。自分をより良く見せるだけじゃなく、一人一人の着ているものや空間が街の雰囲気をつくるから、美しい服選びは個人のためだけじゃなく、もっと外側に向かっているんだって」
っていうセリフを読んでそう思いました。
ただ単純に、自分にない要素だったから、印象に残っただけなのかもしれませんが、そのとき唐突に、作家ってすごいなーって。
まっさらな中に何人もの登場人物を動かして物語を作るのだけど、彼らのセリフ一つひとつは、それまでキャラクター達が歩んできた歴史そのもの・価値観そのものを表すわけで、作家達は彼らの奥の奥まで見なくちゃいけなくて。
私は自分の中のことを見るのに必死なのに、なんてたくさんの奥を見ているんだろう、と。
自分がちっぽけに見えました。

でもなんでここでこんなふうに思ったんだろうなぁ。
自分でもよく分からない(笑)


島本作品の愛の形って、まっすぐだなー。
家族愛も兄弟愛も男女の愛も同性愛も、全く同じ比重で扱っている気がする。
愛に区別はなくて、ただひとつ、大きな「愛」って言うくくりだけ。
愛を受け取るのに必死で、まだ与えるとこまでいけない、そんな余裕のなさもあるかも。

久々に肩の力がぬける本を読んだ。今まで暗い話とか悶々と考えちゃう話ばっかりだったから、こういうのもいいです。

読了日:2008/4/24

 | TOP | 

At first

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

管理人の日々のつぶやきと、読んだ本の感想、趣味で作ったハンドメイド小物について綴っています。
更新速度はマイペースですが、情熱が続く限りは続けていくつもりです。よろしくお願いします。

本の感想記事は予告なくネタバレする場合がありますので、未読の方はご注意ください。

初めての方、詳しいことが知りたい方はこちらからお願いします。

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

New Entry

Category

New comment

New trackback

Profile

爽

Author:爽
大学生
誕生日:8/13
趣味:読書 アクセサリー作り ショッピング
好きな作家:
有川浩 伊坂幸太郎 桜庭一樹 小路幸也 高楼方子 恒川光太郎 豊島ミホ 梨木香歩 三浦しをん 村山由佳 森見登美彦
好きなモノいろいろ:
りんご 甘いもの 王道 FF7 ドラゴンボール 書道 数学 トロンボーンを吹く 整理整頓 aiko 雑貨屋さんめぐり
得意になりたいこと:
料理全般 カラオケ 語学(特に英語!)車の運転(ナビ含む)

Now reading・・・

Now Reading…
『鍵のない夢を見る』(辻村深月)

Etcetera

ランキングとか同盟とか。

・にほんブログ村
本ブログ
ハンドメイドブログ

0813


Counter

Search

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。