スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンセス・トヨトミ 万城目学

2009–09–24 (Thu) 22:35
プリンセス・トヨトミプリンセス・トヨトミ
(2009/02/26)
万城目 学

商品詳細を見る
5月のある日、大阪は完全に停止した。大阪に隠されたある「秘密」を守るために。しかし、大阪に眠るその謎を暴こうと、東京から来た会計検査院の手が伸びる―。大阪を舞台に繰り広げられる、マキメ・エンターテイメント。


なんか…なんか長かったな~~。
読み終えるまで結構かかりました。
一度借りて返却→再貸出を経てようやく読みきる。
実際ページ数あってボリュームありました。

でも、ほんとに面白くなるのは4分の3くらい読み終えてからだった気がする。
そこらへんからは結構進んだんですけど、そこに至るまで耐えるのがなかなか大変でした。
物語が動き出すまでが遅いんですよね。
『鹿男あをによし』も『鴨川ホルモー』も面白くなってきたのは最後らへんだったから、これもそうなのかな、と思って頑張って読みました。

大阪城地下、ほんとにあったら行ってみたいです。
女だから無理だけどw
大阪城が豊臣の末裔を権力争いから守るために作られたものだと思うと、なんかちょっとあたたかな気持ちになれます。

今大阪国は、親から託されたものを守ろう、っていう強い気持ちから成り立っていて、それは確かにすごく素敵なことだと思う。
でもほとんどの人が大阪城が建てられた本来の目的の、「豊臣の末裔」を守るんだ!っていう気持ちより、「親父から託されたもの」を守るんだ!って気持ちのほうが大事にされてる感じで、それはなんかちょっとずれてるんじゃないの?って思っちゃって…。
茶子を守るためにみんなが団結するんじゃなくて、団結するために茶子を守るってかんじが、ちょっとね。ぴんとこなかった。

結局男だけに継承されてるわけではなくて、母から娘にも伝えられてる。
「男がなんか大げさなことしてるけど、ほっとこか」って見守ってるのだけど、茶子はその輪にも入れてもらえない。
豊臣の末裔を守るって言うか、なんか茶子ひとりを仲間はずれにしてるみたいで、ちょっとかわいそうだなって思ってしまいました(>_<)
なんか、みんなが共有している秘密を教えてもらえないのって、とても寂しくないですか?
私はそういうふうに輪に入れてもらえなかったら結構落ち込むので…。

でもまぁ、この豊臣の末裔を守るシステムを作ったのが実はねね中心じゃないかっていうのは納得。
母は強し、っていう言葉があるくらいですからね^^

あ、そうだ橋場茶子って、つまり羽柴茶子ってことですよね。
はしば、って読みながらなんかどっかで聞いたような…と思っていて、やっと「羽柴」を思い出しました。
たぶん皆さんすぐ気付くんでしょうけど、すいません、日本史あんまり得意じゃないんです…。
しかし字面が違うとイメージすごい変わるなぁ。

大輔は今後どっちで生きていくんだろう。
女の子としてでもきっと茶子を守ることはできるだろうし、やっぱ女の子かな。
これからは守られるだけじゃなく、「女の子同士」として支えあっていってほしいです。

蜂須賀の親父いい人でしたねw
ああいう人ってスジ通す人だから、味方にすると結構強そうだな…。

大阪の地理がわかったらもうちょっと前半も楽しめたかも。

面白くないわけではなかったけど…ちょっと読みとおすのに気合がいる本でした。

はっ、そうだ、南場先生が出てきた!
そういえばあの人大阪の人だったな…。
こういう作品間のリンク、嬉しいです^^

読了日:2009/8/17
スポンサーサイト

鹿男あをによし 万城目学

2008–05–03 (Sat) 18:33
鹿男あをによし鹿男あをによし
(2007/04)
万城目 学

商品詳細を見る
大学院の研究員だった「おれ」はひょんなことから奈良の女子高の教師に赴任することになってしまった。妙な同僚、やたらと反発する生徒に疲弊した「おれ」に、更なる奇怪な出来事がやってくる。――なんと、鹿に話しかけられた上に、日本を救うという使命を託されてしまったのだ。地中の大なまず、外れかけた封印、神の力を持った“目”…。果たして、彼は日本を救うことが出来るのか?

あー、もったいないことした~~(>_<)

ってのが読了後の感想です。
本がつまんなかった、ってことでは断じてなく、むしろ面白い「はず」だったからこそのこの嘆き。

発売早々ドラマ化されて、私はドラマ見てたんですよ。
しかもこの間終わったばっかだから、盛り上がるとこも、どんでん返しも、伏線も、クライマックスも全部完璧に覚えてまして。
原作読んでるのにドラマの台本読んでる感じで、ウキウキ感もわくわく感も全くなし(泣)
純粋に楽しめませんでした。
本当に損した~~。

原作読むつもりならドラマは見ちゃダメでしたね。
それかもっと間を置くか。
次からの教訓です…。


まぁつまり、ドラマが原作にかなり忠実だったってことですね。
それなので、ここから書くこと、ドラマとの相違点をつらつら挙げる、みたいな感じになるんですが…。

使い番・運び番を見つけるとき、デジタル化された画像なら見分けられるというのがなかなかいいですね。
でもリチャードとかマドンナも印付けられてたってこと?
ていうかマドンナはまだしも鼠のババアさん(@堀田)は印の付け方知らないんだった!
…うーん、顔は関係ないのかな?

そういやちょっと思ったのが、奈良が舞台なのに関西弁を誰一人として使わないのはどうしてだったんでしょう?
藤原君とか関西弁ぴったりだと思うんですが。
ま、いいけど。

しかし、剣道の試合は面白かったー。
結果知ってても知らなくても楽しめるとこだったのでなおさら。
わたし、「鴨川ホルモー」でも試合のシーン好きだし、結構アクション好きだな(笑)

歴史雑学集としても便利なお話。
ホルモーでも「よく調べてあるなぁ~」って思ったし、この人の作品はすごい歴史に対する愛を感じます。
今どこかで連載してるのは、確か大阪が舞台だったはず。
京都・奈良と来て、ついにきたって感じですね(笑)
本にまとまるのが楽しみですー。

読了:2008/4/23

ホルモー六景 万城目学

2008–03–05 (Wed) 10:34
ホルモー六景ホルモー六景
(2007/11)
万城目 学

商品詳細を見る
日本の古都・京都を舞台に繰り広げられる由緒正しき伝統競技「ホルモー」。しかしオニを操る勇猛果敢な若人達も、所詮は一介の学生だ。恋文・鴨川の等間隔カップル・合コン・別れた彼氏・・・若者達を取り巻く恋の花はまさに百花繚乱。悩みの尽きぬ彼らの明日は一体どうなる?「鴨川ホルモー」スピンオフ、ここに開幕。


「鴨川(小)ホルモー」「ローマ風の休日」「もっちゃん」「同志社大学黄竜陣」「丸の内サミット」「長持の恋」の6編。

今回はホルモーという競技よりも、そこに関わる人たちにスポットをあてた話です。
だから戦ってるシーンは少ないですね。
私は「鴨川ホルモー」も読んだのですが、競技のシーンが一番好きだったのでちょっと残念です。
そして「鴨川ホルモー」自体1年前に借りてざっと読んだ程度だったので、細かい部分は忘れてしまっていて、多分面白さ半減になっているんじゃないかな・・・と(^_^;)
うーん、もったいない。
やっぱスピンオフ系は読む前におさらいしなきゃですね。
「別冊図書館戦争」読む前にちゃんと読み返しとかなきゃ!(笑)

それでもまぁ大筋は覚えているので、それなりに楽しめたんですけどね(笑)
「ローマ風の休日」を読んで凡ちゃんの見事な指揮能力に「おお、そうだったよ、カッコイイ!」と惚れ惚れしたり、「同志社大学~」で芦屋に彼女、そういやいたなぁ、とかしみじみ思ったり。
同志社大学黄竜陣が復活したけど、次年度からはどうするんでしょうね?5大学で戦うのかな。
ていうかそこらへんの話、本編で出てたらすいません・・・。忘れてます。

「もっちゃん」で登場する安倍は、高村の友だちの安倍だと思い込んでいたのでちょっと混乱しました。妻とかさらっと出てくるので、「え!凡ちゃんの恋の行方は?!」とか無駄にテンションが上がってしまった(笑)彼は安倍くんのおじいちゃんか誰かですかね。鼻フェチまで一緒だし。

いやしかし、ホルモーってものすごい伝統ある競技ですねー。
しかも京都だけじゃなく東京まで!
・・・これはうちの大学でもひっそりとどこかでやってるんじゃないか?(笑)

「長持の恋」で高村がちょんまげになった理由が明らかに。
じーんとくるお話でした。
そういや高村は鴨川ホルモーのときからずっと「ちょんまげには役割が・・・」みたいなこと言ってたので、なるほどね~と思いながら読んでました。
「孤のは」って鹿男にも出てるみたいですね。(←ドラマで知った)
実在する場所なのか、マキメワールドの繋がりなのかはよくわからないですが、こういうつながりいいですねー。

「鴨川(小)ホルモー」はなかなか面白かったです。
森見作品とかで「モテないさえない男達の嘆き」はいっぱい読みましたが、その女バージョンはなかったので。
なんかこう、限りなくバカで純な感じがいいです。この話だけじゃなく、全体的なムードとして。

あと挿絵が載ってますが、みんな美人・美男ですねー。
凡ちゃんめっちゃ可愛いじゃん!
二人静とか普通にモテそうじゃん!
榊原氏も井伊嬢もステキじゃないか!
って思ってました。
でも芦屋だけはイマイチだったな(笑)

テンポが良かったのでサクサク読めてしまいました。
あとは鹿男・・・。
とりあえずドラマが終わるまでは借りれないだろなー。

読了日:2008/3/2

 | TOP | 

At first

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

管理人の日々のつぶやきと、読んだ本の感想、趣味で作ったハンドメイド小物について綴っています。
更新速度はマイペースですが、情熱が続く限りは続けていくつもりです。よろしくお願いします。

本の感想記事は予告なくネタバレする場合がありますので、未読の方はご注意ください。

初めての方、詳しいことが知りたい方はこちらからお願いします。

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

New Entry

Category

New comment

New trackback

Profile

爽

Author:爽
大学生
誕生日:8/13
趣味:読書 アクセサリー作り ショッピング
好きな作家:
有川浩 伊坂幸太郎 桜庭一樹 小路幸也 高楼方子 恒川光太郎 豊島ミホ 梨木香歩 三浦しをん 村山由佳 森見登美彦
好きなモノいろいろ:
りんご 甘いもの 王道 FF7 ドラゴンボール 書道 数学 トロンボーンを吹く 整理整頓 aiko 雑貨屋さんめぐり
得意になりたいこと:
料理全般 カラオケ 語学(特に英語!)車の運転(ナビ含む)

Now reading・・・

Now Reading…
『鍵のない夢を見る』(辻村深月)

Etcetera

ランキングとか同盟とか。

・にほんブログ村
本ブログ
ハンドメイドブログ

0813


Counter

Search

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。