スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八日目の蝉 角田光代

2008–02–16 (Sat) 00:58
八日目の蝉八日目の蝉
(2007/03)
角田 光代

商品詳細を見る
不倫相手の子どもを誘拐し、逃亡生活をはじめた野々宮希和子。産むことが叶わなかった我が子を重ね、過去を振り捨て、財産を手放してでも、私はこの子の母親でありたかった・・・。当たり前のように受け入れいれている「家族」という枠組みについて、改めて考えさせられる作品。

あー、この作品、色々ぐるぐる考えちゃって、上手く感想が書けなかったんですよ。
ここに書くほかに、自分だけのための読書記録を別につけているのですが、それを書くのがほんとうに大変でした。ファーストインプレッションを大切に、読後一番に書く感想で、いつもは1回でがーっと書いてしまうのに、この作品は書き直しました。ムリヤリひねり出した言葉があまりにも自分が思っていることと違ったので・・・。
今は落ち着いて、やっと言葉が見つかった感じです。


序章でおきる誘拐事件。
1章では希和子の逃亡生活が、2章では誘拐された薫(恵理菜)が大人になってからの話が書かれます。

角田作品はこれでやっと3作目くらいなので、新境地かどうかはわからないんですが、でもものすごい気迫が感じられる作品だと思います。

希和子と薫は全く血のつながりはない。
なのに、希和子は間違いなく薫の母親だった。
血のつながりはあるのに接し方がわからず、母親らしく振舞えなかった恵津子が、それでも恵理菜の母であることが間違いないのと全く等しく、希和子は母だった。

母親になるということは、一体どういうことなのだろう。

母になるということは、とても大きなとらえ方をすれば、「守ること」なのではないかと思う。
この子の苦しさを取り除いてあげたい。
少しでも楽しくいられるようにしてあげたい。
よく、尽くすタイプの女の子が「お母さんみたい」とかって言われるのって、このあたりが原因ではないかと思うのですがどうなんでしょうね(笑)

もし、自分の子供が将来誘拐されてしまったら、と想像してみる。
希和子のしたことは到底許すことができないし、自分の子が全く関係のない女のことを正真正銘の「お母さん」だと思っていた過去があるなんて、恐ろしくて気が狂いそうになる。嫌というより、おぞましいのだ。自分と確かに繋がっているはずの子どもの中に、自分が共有できないものがあることが。憎い女がわが子の心の中に巣食ってることが。

希和子と薫の逃亡生活は、微笑ましい。
でも私には、この生活がずっと続けばいいなんて思えなかった。
どうしても。

それはきっと私自身がまだ「親」より「子」の思考の持ち主だからだと思う。
もし今、一つ屋根の下に住んでいる私の母が、本当は全くの他人だったならば?
読みながらそんなことがちらついて、そして今の生活がきっと幸せだからこそ、薫のその後を想像して苦しくなった。
もうやめてくれ、と。
たとえもう取り返しがつかないにしても、もう前に進むのはやめてくれ、と。
ずっとそう思って読んでいました。

”どうして、私だったの?”
自ら選択したわけでもなく、勝手に運命をゆがめられ、「八日目の蝉」になってしまった薫こと恵理菜。
そんな彼女が、八日目より先も生きていこうと決意したきっかけは、皮肉にも憎むべき相手・野々宮希和子と同じように、崩れそうに柔らかく、でもとても強かな小さな命がもたらしたものだった。

壮絶で辛い出来事なのに、あんなに希望のある明るいラストがある。そこに、母の偉大さを感じる。
親になったとき。子どもを授かったとき。もう一度読みたい本です。

読了日:2008/2/13

スポンサーサイト

 | TOP | 

At first

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

管理人の日々のつぶやきと、読んだ本の感想、趣味で作ったハンドメイド小物について綴っています。
更新速度はマイペースですが、情熱が続く限りは続けていくつもりです。よろしくお願いします。

本の感想記事は予告なくネタバレする場合がありますので、未読の方はご注意ください。

初めての方、詳しいことが知りたい方はこちらからお願いします。

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

New Entry

Category

New comment

New trackback

Profile

爽

Author:爽
大学生
誕生日:8/13
趣味:読書 アクセサリー作り ショッピング
好きな作家:
有川浩 伊坂幸太郎 桜庭一樹 小路幸也 高楼方子 恒川光太郎 豊島ミホ 梨木香歩 三浦しをん 村山由佳 森見登美彦
好きなモノいろいろ:
りんご 甘いもの 王道 FF7 ドラゴンボール 書道 数学 トロンボーンを吹く 整理整頓 aiko 雑貨屋さんめぐり
得意になりたいこと:
料理全般 カラオケ 語学(特に英語!)車の運転(ナビ含む)

Now reading・・・

Now Reading…
『鍵のない夢を見る』(辻村深月)

Etcetera

ランキングとか同盟とか。

・にほんブログ村
本ブログ
ハンドメイドブログ

0813


Counter

Search

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。