スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南の子供が夜いくところ 恒川光太郎

2011–04–17 (Sun) 22:36
南の子供が夜いくところ南の子供が夜いくところ
(2010/02/27)
恒川 光太郎

商品詳細を見る
家族で海水浴に来たタカシは、不思議な女性・ユナの導きによって、トロンバス島という南国に案内される。そこでは、場所も時間も定かなものは何もない。多くの人が、ふとした瞬間に、今とは全く違う次元へと足を踏み入れる。タカシもまた、その幻想へといざなわれていく…。現実と異界の境もあやふやになる、7編の幻想連作短編集。


「南の子供が夜いくところ」「紫焔樹(しえんじゅ)の島」「十字路のピンクの廟」「雲の眠る海」「蛸漁師」「まどろみのティユルさん」「夜の果樹園」の7編。
冒頭に登場するユナとタカシがキーパーソンで、どの話にもちょこちょこ登場します。ほかにも名前だけ登場したり、話が出てきたりする人物たちがいる、ゆるーい連作短編になってます。


個人的には「紫焔樹の島」が一番好きかなぁ。
ほかの話では偉大な呪術師として描かれているユナのルーツとか、疫病の蔓延の様子とか、一番読み応えがあった感じ。
実際にこういうことってあると思うし…。

いつも恒川作品では時間というより時空の転換がなされることが多いので、タイムスリップが起こるのって珍しい感じ。

うーん、でも、『夜市』でこの人の作品を読み始めた私としては、ちょっと物足りない感じかな。
楽しめたけど、期待していた方向とは違っていたというか。
私は恒川作品の、不条理がもたらす怖さ、もしかしたら現実に自分の身にも起こるのではないかっていう変なリアリティに惹かれたんだけど、これはどうもファンタジーな気がする。

もやもやとした気持ち悪さが残るその重さ、後味の悪さをもうちょっと感じたかった。

そういう意味では「夜の果樹園」が一番それっぽいか?


「紫焔樹の島」は好きだけども、世間知らずの未開の地が疫病によって滅びていく様子は、歴史の中では普通にあったことなのではないかな。
そんなに歴史に詳しいわけじゃないけどさ。


次は、もっとこう、ひんやりとした温度の低いお話が読みたいかな、なんて思う。



読了日:2011/2/21
スポンサーサイト

秋の牢獄 恒川光太郎

2007–12–22 (Sat) 16:06
秋の牢獄秋の牢獄
(2007/11)
恒川 光太郎

商品詳細を見る
11月7日。朝起きて、講義を受けて、友人と昼食を取り、一人暮らしのアパートに戻って一日を終える、ただそれだけのありふれた日常のひとコマだった。はずだった。雨の音で起きた藍が目にしたのは、昨日と変わらぬ講義、同じ話ばかり繰り返す友人…。その次の日も、そのまた次の日も、彼女はひたすらに11月7日を繰り返す。いったい彼女の身に何が起こったのか?繰り返される一日に閉じ込められた人間を描く表題作のほか2編を含む、恒川光太郎ワールド全開の短編集。
なんだかんだ言って恒川光太郎は全部読めていることに気づいて驚き。
うーん、なんだか最近ブログ開設前の読了本をもっと増やして、記事を豊富にしたいなぁと思っているところです。
せっかくコンプリートしている作家さんがいるので、そういう方の記事を中心に書いてみようかなぁ。

そういや小耳に挟んだ情報によると「夜市」は映画化が決まっているみたいですね。
映画化したら見に行きたいなぁ。

話を戻します(笑)

表題作「秋の牢獄」のほか「神家没落」「幻は夜に成長する」の3編の短編集。
テーマは「閉鎖」。閉じ込められたものたちの情念を描く。

読み出したらはじめの2、3ページで引き込むところはさすがというか。
ホラーって実はすごいニガテなんですけど、恒川さんの作品はとにかく雰囲気が好みで、すらすら読めちゃうんです。きっと肌に合っているんだろうなぁ。
そしていつものことながら情景描写が鮮やか。「神屋没落」のあの静けさのなかに佇む家の慎ましさ、自然の彩り、空の美しさにはうっとりしました。

「秋の牢獄」の設定自体はそんなに突飛なものではないと思います。
でも使い古された設定だからこそ作者の味が生きるのかな、とか生意気にも思ってみたり。

おどろおどろしく、救いのない終わり方は恒川さんらしいといいますか。
なぜリプレイするのか、リプレイヤーはいったいどうなってしまうのか、11月8日はやってくるのか、そもそも北風伯爵とは何者なのか・・・。
閉じられた世界に、解決という出口を作らずに、この話は終わる。
その諦めにも似た恐ろしさがじっとりと体の底から沸いてくる感じがしました。
ぞっとするとか、そういう感じじゃない、もっとゆっくりとした怨念みたいなものですかね。

でも一番印象に残っているのは「幻は夜に成長する」です。
最後の最後、自身が育て上げた怪物の手によって、目の前で人間が絶命していくさまを見るリオの様子が、とても頭の中に残っています。
はじめのリオはもっと普通の女の子として書かれていたけれど、最後のこの様子を見て、リオは幽閉の結果こうなってしまったのではなく、もともと内にこのような気性を持っていたんじゃないかと思いましたね。それが彼女の本性なんじゃないかと。
溢れてくる幻術の力を閉じ込めていた彼女は、もしかしたら「普通の女の子である自分」という幻を見ていただけだったのかもしれない。
祖母はもともとそれを見抜いており、長い年月をかけて、男達に復讐するためにリオを利用したのかなぁ、と。

恒川さんの本、読んでるときはいいんだけど、読み終わったあと数日は異界への入り口に紛れ込んでしまうかも、という心配が、頭から離れません・・・(^_^;)
困った(笑)

読了日:2007/12/1

 | TOP | 

At first

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

管理人の日々のつぶやきと、読んだ本の感想、趣味で作ったハンドメイド小物について綴っています。
更新速度はマイペースですが、情熱が続く限りは続けていくつもりです。よろしくお願いします。

本の感想記事は予告なくネタバレする場合がありますので、未読の方はご注意ください。

初めての方、詳しいことが知りたい方はこちらからお願いします。

Calendar

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

New Entry

Category

New comment

New trackback

Profile

爽

Author:爽
大学生
誕生日:8/13
趣味:読書 アクセサリー作り ショッピング
好きな作家:
有川浩 伊坂幸太郎 桜庭一樹 小路幸也 高楼方子 恒川光太郎 豊島ミホ 梨木香歩 三浦しをん 村山由佳 森見登美彦
好きなモノいろいろ:
りんご 甘いもの 王道 FF7 ドラゴンボール 書道 数学 トロンボーンを吹く 整理整頓 aiko 雑貨屋さんめぐり
得意になりたいこと:
料理全般 カラオケ 語学(特に英語!)車の運転(ナビ含む)

Now reading・・・

Now Reading…
『鍵のない夢を見る』(辻村深月)

Etcetera

ランキングとか同盟とか。

・にほんブログ村
本ブログ
ハンドメイドブログ

0813


Counter

Search

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。