スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッピーバースデー 青木和雄

2007–09–03 (Mon) 09:19
ハッピーバースデー―命かがやく瞬間 (ときめき文学館) ハッピーバースデー―命かがやく瞬間 (ときめき文学館)
加藤 美紀、青木 和雄 他 (1998/01)
金の星社
この商品の詳細を見る
「あんたなんか生まなきゃよかった」「おまえ、生まれてこなきゃよかったな」―11歳の誕生日に母と兄からそう言われたあすかは、ショックで声を失ってしまう。もともと内向的だったあすかは声を失ったことでどんどん自分の殻に閉じこもって行ってしまう。そんなときに救いの手を差し伸べてくれたのは、離れて暮らす祖父母だった…。あすか、母の静代、兄の直人。心に傷を負った彼らは、どうやって立ち直っていくのか。
久々の過去の本のアップ。
昔読んだ本なので、今はこっちを知っている人が多いかも↓happy birthday
これは2005年に加筆修正されたもので、結構内容が増えてます。買って持っているのは新しいほうなんですが、こっちはざっと流し読みしかしてません…。とりあえず古いほうの感想を書きます。

読んだのは中学生のときなんですが、それはもう泣きましたね。
リビングで読んでたらボロボロ泣いちゃって、家族にすごい心配されました(^_^;)
人によってはきれいごとすぎる、上手く行きすぎるって思う方もいるかもしれないです。でも私は前半のあすかがかわいそうすぎたので、何とか幸せになってほしくて、そんなふうには思わなかったです。

前半では、母の静代は私の中では完全に悪者だったのですが、後半に進むにつれて、彼女もまた小さな頃から心に深い傷を負っているというのがわかってきてからは、だいぶ彼女のことも受け入れられるようになりました。

兄の直人が両親から自立する姿を見ていると、これが本来の直人の姿なんだなって思います。彼はあの家族のなかで1番大人のような気がする。

あすかが祖父母の元から帰ってきてからは、家族の中の話から、クラスの中のいじめ問題についての話になります。
あんなに内向的だったあすかの成長ぶりに素直に感動しますし、いじめのほかにもいろいろ深く考えさせられます。

もとは児童書なので、中学生くらいが1番読み時だとは思います(それくらいなら素直に感動できますし)。でももちろんどの年代が読んでもいい話なので、機会があれば読んでほしい作品です。

読了日:2002(日付不明)
スポンサーサイト

 | TOP | 

At first

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

管理人の日々のつぶやきと、読んだ本の感想、趣味で作ったハンドメイド小物について綴っています。
更新速度はマイペースですが、情熱が続く限りは続けていくつもりです。よろしくお願いします。

本の感想記事は予告なくネタバレする場合がありますので、未読の方はご注意ください。

初めての方、詳しいことが知りたい方はこちらからお願いします。

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

New Entry

Category

New comment

New trackback

Profile

爽

Author:爽
大学生
誕生日:8/13
趣味:読書 アクセサリー作り ショッピング
好きな作家:
有川浩 伊坂幸太郎 桜庭一樹 小路幸也 高楼方子 恒川光太郎 豊島ミホ 梨木香歩 三浦しをん 村山由佳 森見登美彦
好きなモノいろいろ:
りんご 甘いもの 王道 FF7 ドラゴンボール 書道 数学 トロンボーンを吹く 整理整頓 aiko 雑貨屋さんめぐり
得意になりたいこと:
料理全般 カラオケ 語学(特に英語!)車の運転(ナビ含む)

Now reading・・・

Now Reading…
『鍵のない夢を見る』(辻村深月)

Etcetera

ランキングとか同盟とか。

・にほんブログ村
本ブログ
ハンドメイドブログ

0813


Counter

Search

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。