スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イン・ザ・プール 奥田英朗

2008–09–01 (Mon) 11:00
イン・ザ・プール (文春文庫)イン・ザ・プール (文春文庫)
(2006/03/10)
奥田 英朗

商品詳細を見る
「伊良部総合病院」の地下一階、寂れた診療室をノックすると、「いらっしゃーい」とおよそ病院に似つかわしくない言葉が返ってくる。色白でデブ、フケだらけの中年医師、彼こそが伊良部総合病院神経科の医師、伊良部一郎だ。優秀なのかただの変人なのか、理解不能のトンデモ医師、伊良部の診察をごらんあれ。

「イン・ザ・プール」「勃ちっ放し」「コンパニオン」「フレンズ」「いてもたっても」の5編。

どれも大げさに書いているのかなぁ、と思ったんですが、でも実際ありそうな話ですよね。
伊良部のあの言動は症状をわかってやっているのか本気でやっているのか。
いや9割本気で変人なんだろうけど(なんか変な日本語)
たまにちゃんと医者の話をするもんだから、もしやわざと?!とか思いながら読んだり。

ハタから見てる分には非常に面白い人ではありますが、
私は絶対彼の患者にはなりたくありません!(笑)
変人どうこうより注射で!(笑)
だって私注射だいっきらいなんですよ~~~(>_<)
結構痛いのを我慢することはできるタイプなんですが、注射はかなり頑張らないと…(-_-;)
毎度毎度診察のたびに注射打たれるなんて私には無理ですーー!

「イン・ザ・プール」
サイコドクター」って漫画ご存知ですか?
何巻か忘れましたが、「アディクト・ホッピング」(嗜好転換)を繰り返して様々なものに依存していく女性の話がありまして、その対象が食事だったり仕事だったりするんです。
水泳もそうですが、一見健康で無害なものにも依存するという可能性があるということで、私は知らず知らずのうちに何かしらの中毒に陥ってるのかも、とか思ってしまいました。

「勃ちっ放し」
ううーん、これ男の人ならではの問題だと思うので、あんまりコメントできないんですが…。
でも男の人ってこういう状況になったら外面に現れるので、大変そうだなって思います(>_<)
でも怒りを抑えてきたためにこんな状況になったという分析はいい線いってるような気がします。
現代人はキレやすい、なんてコトも聞きますが、やっぱりキレるべきところでキレていないから、変なところでキレちゃうせいだと思うので…。

「コンパニオン」
被害妄想ね…。
彼女は大げさだけど、人は程度の差こそあれ誰しも被害妄想を持っている気がします。
ここまでひとつのことに極端な自信を持つということは、逆にすごく自信のない部分を持っているってことなのかなぁ、とも思いました。

「フレンズ」
私はメール嫌いでメールあんまりしないのですが、周りの友達で常に誰かとメールしてなきゃ落ち着かないって子います。
誰かとつながっていないと落ち着かないという想いは、コミュニティの中で生きる人間の本能みたいなものだと思うのですが、便利さはその本能を追い詰めますね。
どんどん欲が出てくるのが人間なので…。

「いてもたっても」
これが一番共感できたかなぁ。
自分の責任でどうにかなっちゃうのが怖いんだよねー(>_<)
わかります。
ここまでじゃないけど、すっごい不安になるときありますし。


なかなか面白かったです☆
シリーズらしいのでちょくちょく読んでいこうかと思います^^

読了日:2008/8/5
スポンサーサイト

家日和 奥田英朗

2007–08–07 (Tue) 13:14
家日和 家日和
奥田 英朗 (2007/04)
集英社
この商品の詳細を見る
インターネットオークションに初出品することになった。始めはドキドキしていたが、物が売れるにつれてどんどんネットオークションにはまっていく自分がいて・・・(サニーデイ)会社が倒産した。妻が働きに出ることになったので、必然的に家事は自分が担当することになったのだけれど・・・(ここが青山)このほか4編の「家庭」まつわる話を書いた短編を集めた、クスリと笑えてほっとする短編集。
「サニーデイ」「ここが青山」「家においでよ」「グレープフルーツ・モンスター」「夫とカーテン」「妻と玄米ご飯」の全6編。
連作か長編かと思ってたら思いっきり短編集でした。そのことにちょっとびっくり。

家という空間に閉じ込められた主婦の飽き飽きした様子がたくさん描かれていますが、私は結構インドア派なので家にいることは苦痛じゃなくて、「あー、暇かもねぇ」くらいの感想しか持てませんでした・・・。

でも話は楽しかったですよー。
特に「ここが青山」「家においでよ」「夫とカーテン」が好きです。
ちょっとのんきな夫が好きな様子(笑)
「ここが青山」は2人があまりにものんきなのでびっくり。現実は倒産してもあれくらい落ち着いていられるものなのですか?
「家においでよ」は、ぜひ彼のお宅に訪問させていただきたい!大きな画面で海猿のDVD鑑賞会させてほしいなー。
たしかに男は本当に趣味を極められる年になったら、結婚していることが多くてなかなか実現できないですよね。ああ、確かにー、って思いながら読んでました。最近の結婚しない男はそういうことも関係しているでしょうね。
「夫とカーテン」の栄一さんの妻には絶対なりたくない(&なれない)!!こんなハラハラする夫と一緒にいたら寿命何年縮んでしまうんだろう・・・。

奥田さんは「インザプール」「マドンナ」「ガール」なども読みたいなーと思っているので、ぼちぼち開拓できるといいなぁと思っています。

読了日:2007/8/2

 | TOP | 

At first

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

管理人の日々のつぶやきと、読んだ本の感想、趣味で作ったハンドメイド小物について綴っています。
更新速度はマイペースですが、情熱が続く限りは続けていくつもりです。よろしくお願いします。

本の感想記事は予告なくネタバレする場合がありますので、未読の方はご注意ください。

初めての方、詳しいことが知りたい方はこちらからお願いします。

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

New Entry

Category

New comment

New trackback

Profile

爽

Author:爽
大学生
誕生日:8/13
趣味:読書 アクセサリー作り ショッピング
好きな作家:
有川浩 伊坂幸太郎 桜庭一樹 小路幸也 高楼方子 恒川光太郎 豊島ミホ 梨木香歩 三浦しをん 村山由佳 森見登美彦
好きなモノいろいろ:
りんご 甘いもの 王道 FF7 ドラゴンボール 書道 数学 トロンボーンを吹く 整理整頓 aiko 雑貨屋さんめぐり
得意になりたいこと:
料理全般 カラオケ 語学(特に英語!)車の運転(ナビ含む)

Now reading・・・

Now Reading…
『鍵のない夢を見る』(辻村深月)

Etcetera

ランキングとか同盟とか。

・にほんブログ村
本ブログ
ハンドメイドブログ

0813


Counter

Search

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。