スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫を抱いて象と泳ぐ

2009–06–24 (Wed) 02:29
猫を抱いて象と泳ぐ猫を抱いて象と泳ぐ
(2009/01/09)
小川 洋子

商品詳細を見る
数奇な人生を送った、小さな天才チェスプレイヤー、リトル・アリョーヒン。八×八のちっぽけな盤の上で、彼は思慮深い猫のポーンや心優しい象のインディラと共に、チェスという広い海を旅する。人々を惹きつけて止まない、彼の密やかでせつないチェスの音色。息をのむほどの静謐さ。チェスに人生を捧げた、リトル・アリョーヒンの物語。


小川洋子の書く世界というものは、どうしてこうも言葉のひとつひとつが美しいんだろう。

まっしろなんですよね。
穢れがないというか。
大事に宝箱の中にしまっておきたくなるような、そんな言葉たちで物語が紡がれている。
読み終わった後も、ふわふわした余韻がいつまでも残る、そんな幸せな読後でした。

この人の文章は、何気ないものを芸術品に変える力がある。
チェスの駒ひとつひとつの説明が、すでに素晴らしい。
はじめに書いてあるので、本屋でそこだけでも読んでみてください。
それに心惹かれた人は、本編を読んで失敗はないです。


「泳ぐ」という題名にふさわしい浮遊感と不安定さがありました。
奇妙な唇をもった少年、
壁から出られなくなった少女、
太りすぎて回送バスに閉じ込められたマスター、
大きすぎて屋上から降りられなくなったインディラ。
誰もかれもが特異性を持っているんだけど、それが全くマイナスとして映らない。
なんだかその「人と違う何か」があるからこそ、誰よりも自由でいられる感じ。

彼らは一歩一歩地に足つけて前に進むのではなく、
ゆったりと自由に泳いでいる。



老婆令嬢にチェスを教えているとき、涙が出そうになりました。
すべてを失っても、老婆令嬢は相変わらずルークを愛していて。
「初めてチェスを教えてくれたのが、あなたでよかった。」
のセリフで、ああ、やられた、って思いました。

彼らが自由にチェスで世界へ旅立つように、
あるものの高みにいるからこそ感じられる喜びというものに、とても憧れます。
いったいそれを感じるには、どれほどの時間を積み重ねればいいんだろう。

勝負であって勝負でない。
相手と共に素敵な音色を響かせ、ひとつの棋譜を作り上げるというその芸術性に惚れ惚れ。



なんか感想らしいことちゃんと書けてない気がしますが…。
ぜひこの空気感は実際に読んで感じてほしいです。

水に潜ったときのような感覚。
喧騒から遠のいて、ぼわぼわとした水の流れの音だけが聞こえる世界。
ときどき見える光の筋が、とてもきれい。
いつまでもたゆたっていたい、そんな気分になるお話でした。


うん、とりあえず、チェス、やりたいです(笑)



読了日:2009/6/17
スポンサーサイト

ミーナの行進 小川洋子

2007–07–17 (Tue) 16:30
ミーナの行進 ミーナの行進
小川 洋子 (2006/04/22)
中央公論新社
この商品の詳細を見る
誰よりも美しく火を灯すことができ、常に本とマッチとポチ子を愛した、いとこのミーナ。彼女と過ごしたあの一年を、私は決して忘れはしない・・・。私(=朋子)は、家の事情により芦屋にある母方の伯母の家に預けられることになった。多感な中学1年生の一年間を過ごしたあの家で、彼女は多くのことを学んでいく・・・。淡々とした、しかしかけがえのない日常を細やかに描いた物語。
小川さんの本はこれでやっと2冊目。やっと読めました。

今、あんなに利発な小学6年生っているのかな。
ミーナがあまりにも大人びていて、思わずそう思ってしまいました(笑)私は未だに川端康成なんて読んでません。川端康成に限らず、日本の古典をまったく読んでいません・・・。うーん、日本人としてもうちょっと読んでおかなくちゃいけないですよね、そこらへんの文学も。

「博士の愛した数式」の時にも思ったけど、ただの日常が小川さんの手にかかると、ほんとにかけがえのないものに思えてくるからすごい。なんていうか、今まで気にも留めていなかった普通で平凡なものが、一気に特別なものに思えてくるんです。マッチの火の輝きは一種の芸術のように感じるし、誤植は本当に貴重な宝石だと思ってしまう。その辺に転がっているものが、急に愛おしくなる。
いろいろ好きな描写はありますが、やはり読書好きには見逃せないこの描写を引用したいと思います。伏せてある本についての描写です。

ページの反対側にはまだ見ぬ世界が隠されており、本はその伏せられた形によって、残りの世界に戻るための入り口を示しているのだから、無闇に触れてはならない。

うーん、いいなぁ。(笑)

病弱な美少女は薄命という固定観念があったので、ミーナが死んでしまうのではないかと思っていたのですが、よかった、死ななくて。
そして私もマッチ箱のお話、ぜひもっと読みたかった!シーソーの象のあの物悲しさに心をすっかり奪われてしまったので・・・。

ゆったりまったりと時間をかけて読みました。先へ先へとどんどん読んでいくより、文章ひとつ、言葉ひとつをじっくり味わいながら読む方がいい本だった(というかすぐ読んじゃうのがもったいなかった)ので。
思わずため息がこぼれるような、しみじみしたお話でした。
小川さんのほかの本のあらすじを見ると、ちょっと怖そうな本も多いんで手を出しづらかったんですが、これからは積極的に読んでいくことにしようと思います。

読了日:2007/7/17

 | TOP | 

At first

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

管理人の日々のつぶやきと、読んだ本の感想、趣味で作ったハンドメイド小物について綴っています。
更新速度はマイペースですが、情熱が続く限りは続けていくつもりです。よろしくお願いします。

本の感想記事は予告なくネタバレする場合がありますので、未読の方はご注意ください。

初めての方、詳しいことが知りたい方はこちらからお願いします。

Calendar

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

New Entry

Category

New comment

New trackback

Profile

爽

Author:爽
大学生
誕生日:8/13
趣味:読書 アクセサリー作り ショッピング
好きな作家:
有川浩 伊坂幸太郎 桜庭一樹 小路幸也 高楼方子 恒川光太郎 豊島ミホ 梨木香歩 三浦しをん 村山由佳 森見登美彦
好きなモノいろいろ:
りんご 甘いもの 王道 FF7 ドラゴンボール 書道 数学 トロンボーンを吹く 整理整頓 aiko 雑貨屋さんめぐり
得意になりたいこと:
料理全般 カラオケ 語学(特に英語!)車の運転(ナビ含む)

Now reading・・・

Now Reading…
『鍵のない夢を見る』(辻村深月)

Etcetera

ランキングとか同盟とか。

・にほんブログ村
本ブログ
ハンドメイドブログ

0813


Counter

Search

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。