スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の男 桜庭一樹

2008–05–24 (Sat) 11:32
私の男私の男
(2007/10/30)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
おとうさんからは、いつも、雨の匂いがした…。家族を失った花は、親戚の腐野淳悟(くさりの・じゅんご)に引き取られた。ずっとひとりぼっちだった花。家族の温かみを知らずに育った淳悟。二人は互いに奪い、奪われながら、15年間片時も離れずに過ごしてきた。私は、おとうさんから、淳悟から、私の男から、離れることが出来るのだろうか…?第138回、直木賞受賞作。

新世界より」の後にこれを読むという、地の底まで沈みたいと思ってるとしか思えないチョイス。
結果、また「ぐるぐる症状」(考えすぎてオーバーヒート寸前)が発症してます。
懲りないなー(苦笑)
個人的には「赤朽葉家の伝説」のほうが好みなんですが、これも良かったです。
ちょっとね、読むのがキツイ表現とかあったんですが…なんとかなりました。

花が結婚するシーンから始まって、花が引き取られるシーンまで逆行する形で物語が進みます。
それがなかなか上手いなぁって。
第一章では、すごく古ぼけた印象。カタカタ動く、古い映写機でコマ送りするようなレトロ感。
でも逆行するにしたがって、背景がどんどん鮮やかになっていって、動きがスムーズになっていくような気がしました。時代は古くなっているのに、どんどん鮮やかになっていくのが面白い。
お互いに、いろいろなものを奪ってきた結果なのかもしれない、と思いました。

そんなわけで、全部読んだ後、今度は章を逆行していくと、また面白いです。
特に、1章の花と淳悟の言葉一つひとつの重さが、全然違う。
ただ謎だった言葉が、しっとりとした重さを持ち、絡み付いてくるような感じでした。

花が囁く、「おとうさぁん…」という声の甘さ。
麻薬のような、蠱惑的な響き。
その一言がなければ、立ち止まらずに、ただの一場面として過ぎていったところがたくさんある。
この言葉で、花が小さな少女であることを思い出した。
そして同時に、小さな女の体に秘められた、人ではない、「なにか」を見た気がする。

桜庭一樹は、「少女の残酷さ」を書いたら、すごいですね。
あとは、「美しさの持つ凶悪さ」とか。
この閉じられた空間から生まれる、息苦しさ、結構好き。

あと「よぅく」とか「すこぅし」とかの表現が、独特で、すごく桜庭一樹だなーって思いました。
「お父さん」と「おとうさん」の違いみたいに、ひらがなと漢字の使い分けをしている文体が好きです。
文章という書き言葉を大事にしている気がして。

父と娘。
血のつながり。
そして、「血の人形」。
花と淳悟の関係は、異常だ。むしろ狂気といってもいいんじゃないかと思うんですが、それが、どうして嫌悪に繋がらないのだろう。
読後に押し寄せてきたのは、どうしようもない切なさでした。

共感するべき物語ではない。
堕ちていく二人の姿をただ黙って、ひっそりと見つめていく。
そんな話だなぁ、と思いました。

読了日:2008/5/22

あと、ネタバレだけど書きたいので追記。
話の核心なので…。

続きを読む ⇒

スポンサーサイト

赤朽葉家の伝説 桜庭一樹

2008–03–28 (Fri) 14:01
赤朽葉家の伝説赤朽葉家の伝説
(2006/12/28)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
千里眼奥様と呼ばれた祖母・万葉(まんよう)、レディース総長で後に有名な漫画家になる毛毬(けまり)、そして何者にもなれない瞳子(とうこ)。戦後のあわただしい世、高度経済成長の波、そして現在へと流転する社会を背景に、あるひとつの旧家の女たちと、それを取り巻く一族の生き様を堂々と書いた雄編。

直木賞とっただけあって、今世間では桜庭一樹ブームですねー。
初めて読んだ桜庭作品は「少女七竈と七人の可愛そうな大人」なんですが、それ読んだころにはまさか直木賞取るとは思いませんでした(笑)

「私の男」はもちろんのこと、これも候補だったんで注目されてて、しばらくは読めないかなぁ、いつ読めるかなぁ・・・と悶々としてたんですが、なんとか学校で借りれました。よかったよかった。

「少女七竈~」がすごいよくて、「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」が結構辛くて、2作が全く逆の振れ方をしたので桜庭作品の評価が定まらなかったんですよ。

で、今回。
今回は引き込まれました。
2段組にあの厚さ、一体どれくらいで読み終えられるのかと恐れ慄いてましたが、わりとすらすら読めました。
勢いにのってとんとん読むことも可能だったんですが、なんかそんなふうに軽く読んではいけないような雰囲気があったように思います。流れていく時の流れの重さに、たった20年ほどしか生きていない私は、圧倒されました。
ファンタジーのようでありながら、でもノスタルジックな雰囲気で、私にとっては実感のない神話の時代から現代へとリンクしていくことに、とても不思議な気持ちになりました。
本の中の出来事だと思っていたことが、いつのまにか現実になっていたという、感覚。

もはや物語ではない。
約半世紀の時間を圧縮した、時そのもの、歴史そのもの、人生そのものを閉じ込めたという感じです。

話は、空飛ぶ一ツ目男の未来視から始まり、落ちゆく隻眼の職工の姿で幕を閉じる。
それは一気に飛躍し、そして今また低迷する日本経済の姿を揶揄しているのかもしれない。
ただ、この職工ような人間は、神話が終わる時代には大勢居たのではないかと思う。

私は瞳子とほぼ同い年(というか瞳子が早生まれならタメ)なので、何者でもないことに怯える気持ちがちょっとわかります。
自分のアイデンティティをどうやって証明すればいいのか、わからない。
私が私だと胸張っていえるものは一体何なのか。
そう思うからこそ、最後のくくりはなんかほっとする。
何も見えなくても、相手が分からなくなっても、私の未来はまだこれから。
きっとビューティフルワールドが待っているのだと、信じることが出来る。

あとはぶくぷく茶!
なんてキュートなネーミング(笑)ぜひ一度飲んでみたいです☆
自分、食べ物ネタに食いつくこと多いなぁ…(^_^;)


本屋大賞候補作ですが、桜庭一樹は2作あるから票割れしそうだなぁー。
もうちょっとしたら予想順位を立ててお祭り気分で楽しみたいです(笑)

「私の男」はいつ来るのか…。
直木賞決まってすぐ学校にリクエストしたので、どうやら入手困難らしいです。
桜庭一樹は苦手なのと好きなので差が激しいので、何読むか迷います。
ラノベっぽくないやつを探して読もう…。

読了日:2008/3/22

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 桜庭一樹

2007–05–25 (Fri) 22:12
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet
(2007/03)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
9月の始め、あたしのクラスに転校生がやってきた。目が大きくてちょっと青白い顔色で、でも確実に美少女と言える彼女の名前は、海野藻屑。そのエキセントリックな名前どおり、藻屑は変なやつだった。あたしは無関心を決め込んだのに、藻屑はなんだかんだとつきまとってきて・・・。13歳の少女なぎさと藻屑の奇妙な友情の物語。
うーん、この本はいろいろ書くのが難しいです。
桜庭さんの本は「少女七竃と七人の可愛そうな大人」に続く2作目です。
七竃はそうじゃなかったんですけど、これはちょっと黒系です。私はそういうのにあまり強くないほうなので、途中ちょっとやばかった部分もありましたが、ちゃんと読みきりましたよ。

なんだか甘いタイトルとは違って、話は全然甘くなかったです。なんか海の底でじっと息をひそめているような、暗くて静かで、でもちょっとした狂気を感じる話でした。うまく言えないけど。

なぎさと藻屑の友情は、いびつですね。喜び半減、悲しみ二倍って感じ。でも、2人にしか入れない世界というものをつくってしまってて、それがなんだか不安定でふらふらしてて、危なっかしかったです。

少年少女はいろんなところでそういう独自の世界を築いていて、もしかしたらそれが一つ一つ壊れていくたびに、一歩一歩大人になっていくのかもしれません。うーん、なんだかそれってすごい悲しいことのような気がします。

「生き残った子どもが大人になれる」という担任の先生の言葉に衝撃です。今までそんなふうに考えたことなかったので・・・。完全に大人になるってことが、小さいころに思ってたほどいいものじゃないってことはもうわかってるけど、それでも私は大人になりたいです。はやく。

読了:2007/5/25

 | TOP | 

At first

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

管理人の日々のつぶやきと、読んだ本の感想、趣味で作ったハンドメイド小物について綴っています。
更新速度はマイペースですが、情熱が続く限りは続けていくつもりです。よろしくお願いします。

本の感想記事は予告なくネタバレする場合がありますので、未読の方はご注意ください。

初めての方、詳しいことが知りたい方はこちらからお願いします。

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

New Entry

Category

New comment

New trackback

Profile

爽

Author:爽
大学生
誕生日:8/13
趣味:読書 アクセサリー作り ショッピング
好きな作家:
有川浩 伊坂幸太郎 桜庭一樹 小路幸也 高楼方子 恒川光太郎 豊島ミホ 梨木香歩 三浦しをん 村山由佳 森見登美彦
好きなモノいろいろ:
りんご 甘いもの 王道 FF7 ドラゴンボール 書道 数学 トロンボーンを吹く 整理整頓 aiko 雑貨屋さんめぐり
得意になりたいこと:
料理全般 カラオケ 語学(特に英語!)車の運転(ナビ含む)

Now reading・・・

Now Reading…
『鍵のない夢を見る』(辻村深月)

Etcetera

ランキングとか同盟とか。

・にほんブログ村
本ブログ
ハンドメイドブログ

0813


Counter

Search

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。